町田市成瀬 大野ピアノ教室

町田市成瀬 大野ピアノ教室

小さいお子様からシルバー世代の方まで、あこがれの曲が
弾けるように背中をそっと押し続けます。
楽しみながら、基礎はしっかり学びます。
体験レッスンは、随時受けつけています。


テーマ:

町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。

ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

 

前回のご紹介は、ドビュッシーでした。

今回も、ドビュッシーの曲をご紹介します。

 

ドビュッシーと言えば、やはり

ベルガマスク組曲より

月の光ですね。

 

CMやドラマ、お店や歯科のBGMなどに

使われて、ほとんどの人が知っていると思います。

題名から情景が思い浮かべられる

最たる曲だと思います。

 

ドビュッシーの曲は、みんなそうですが、

拍どおりに、きっちりソルフェージュして

弾くと、超つまらない演奏になりますショボーン

 

だからといって、生徒さんにレッスンする時に

あまりにも揺らしていい加減に弾いて

もらっては、別の曲になってしまいます。

 

情景が思い浮かぶような

素敵な揺らし方ができると

本当に素敵な演奏になります。あこがれ~!!

 

 

 

 

 

個人的には、藤井一興先生のリサイタルの

最後に弾かれる月の光が最高です~!!

音色が美しすぎなんです(*^▽^*)

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ      ランキングに参加しています。
にほんブログ村         バナーをクリックして下さるとうれしいです。

 

 

 

体験レッスン募集中

 

詳しくは、ホームページをどうぞ。

 

お問い合わせ

 

電話

090-7192-8140

 

メール

 

m0501t1204★yahoo.co.jp

(★を@に変換して下さい)

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。

ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

教室のホームページを作った時に、

教室のことを紹介した動画が作れたらいいな、

とずっと思っていました。

文字より、やはり動く画面から

感じてもらうものは多いのではないか。

だけど、自分で作るのは、できないな~

と諦めていました。

 

そのように思っていた時に、

セミナーで知り合った埼玉県戸田市で

ピアノ教室を開いていらっしゃる

平良静香先生が、教室動画を作成します、

と募集していらっしゃいました。

 

もちろん、すぐに申し込みました!!

3か月くらい前のことです。

 

 

動画を作成するにあたり、

できるだけたくさんの紹介できるような写真を

送って下さい、と言われました。

作りたーいという意気込みだけはあったのですが

たくさんの写真と言われても

そんなにないえーん

 

途方にくれましたが、6月の発表会が目前でしたので、

母に頼みこんで、当日できるだけたくさんの

写真を撮ってもらうようにしました。

母が、カメラが趣味でよかった~!

おかげで、かなり枚数が稼げました。

 

他にも今まで撮りためた写真をもとに、

静香先生がつなげて動画を作成して下さいました。

 

 

とても、驚いたのは、動画を作成するにあたり、

1時間も、私の教室やレッスンに対する想いを

ヒアリングして下さったことです。

 

完成した動画のコメントは、

私が静香先生にお話しした想いが

十分に反映された言葉が入っていましたニコニコ

 

 

何度も試作品を作って下さり、

そのたびに、メールで、注文を出しまくり、

本当に言いたい放題言わせていただきました。

 

そして、昨日、完成したのです!!

 

コチラです。

 

 

 

 

 

私は、しゃべるのは苦手なので、

このようなタイプの動画で

ご紹介ができて、とても満足しています。

 

自分のピアノ演奏も、実は、

全部で2分半の中で選曲して下さい、

と言われ、何を弾こうか、迷いに迷いました。

 

ぴったり2分半の曲はなかなか思い浮かばない。

あまり難しい曲もなんだかな~

色々考え、

チャイコフスキーのこどものためのアルバムから

新しいお人形」を選びました。

そして、鉄板のブルクミュラー25の練習曲から

貴婦人の乗馬」を選びました。

 

選曲に時間がかかり、ほとんど練習せずに、

えい!と一発録音で、送ってしまいました~(恥)

 

実は、貴婦人の乗馬は、小学校2年の時に

発表会で弾いた思い出の曲です。

 

 

 

早速、この動画は、ホームページの表紙部分に

載せました。

ピアノ教室をお探しの方に、

届きますように。

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ      ランキングに参加しています。
にほんブログ村         バナーをクリックして下さるとうれしいです。

 

 

 

体験レッスン募集中

 
詳しくは、ホームページをどうぞ。
 
 
お問い合わせ
 
 
電話
 
メール
 
m0501t1204★yahoo.co.jp
(★を@に変換して下さい)
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。

ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

今月から、新入会のお二人のレッスンを始めています。

在籍しているKちゃんの妹の小1のSちゃんと、

小3のMちゃんです。

 

お二人とも、今まで習ったことはなく、

初めてのピアノレッスンです。

 

ですが、Sちゃんは、お姉ちゃんのピアノを

聴いて、育ってますから、弾く気満々ですニコニコ

幼稚園で、鍵盤ハーモニカを吹いていた

ようで、ト音記号の読みは、今のところ

問題なしです。

もう1年生なので、ヘ音記号も

同時に覚えてもらいます。

最初の教材は、コレです。

 

 

 

絵がかわいいし、音符のたまも大きい。

なにより、歌詞がついていて、うたいやすいです。

ドを中心に、5指までの音で

何度も出て来ますから、自然に音符を覚えられますね。

まだ、レッスン2回だけなので、

右手と左手を別々に練習していますが、

慣れてきたら、すぐに大譜表で、両手をかわりばんこに

弾いてもらう予定です。

 

ドリルは、コチラを使っています。

 

 

小3のMちゃんは、さらにお姉さんなので、

レッスンは、さらにスムーズです。

まだ、慣れないので、教材はあれこれ使わず、

1冊だけにしていますが、慣れて来たら、

増やす予定です。

 

 

Mちゃん、楽譜を色々のぞいているようです。

楽しんでもらいたいですね。

お二人とも、来年の夏には、

発表会デビューが待っていますよ!!

それまでに、コツコツと楽譜を

読めて、指を動かせるように、

頑張りましょう!!

 

                    

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ      ランキングに参加しています。
にほんブログ村         バナーをクリックして下さるとうれしいです。

 

 

 

体験レッスン募集中

 
詳しくは、ホームページをどうぞ。
 
 
お問い合わせ
 
 
電話
 
メール
 
m0501t1204★yahoo.co.jp
(★を@に変換して下さい)
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。

ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

バロック音楽と聞いて、どのようなイメージを

持たれますか?

 

私は、学生の時に、レッスンを受けていても、

なんとなく、型にはまった音楽で、

色々な規則があって、

それに乗っ取って、弾かなければいけない

堅苦しい音楽だと思っていました。

 

なので、卒業してからは、他の時代の曲に

ずっと目が行っていて、

ほとんどきちんと勉強していませんでした。

 

 

最近、バッハを改めて弾くようになってから、

あれ?そんなに堅苦しい音楽でもないよ?

と思うようになりました。

トシのせいかもしれませんね。

 

とはいえ練習し出すとやっぱりわからないことが

たくさん出て来ます。

アナリーゼ(分析)の講座を受けてみたり、

ピアニストの演奏を色々聴き比べてみたり、

自分でできることをやってみています。

 

 

そんな時だったのですが、

フォルテピアノ・チェンバロ奏者の

水野直子先生が、

 

バロック音楽について、語りませんか?」

というお誘いをされていたので、

ほいほい、と出席して来ました。

 

初対面の先生もいらっしゃったのですが、

みなさま「バロック愛」満タンの方ばかりで、

めちゃくちゃ話がはずみました!!

 

水野先生からは、調性の性格に

ついてのレクチャーをしていただきました。

 

曲には、ハ長調とかイ短調とかの

調性が必ずありますが、

その調性で、たとえばただ明るいとか

暗いとかいうだけではなく、

もっと具体的なイメージがあるよ、

ということです。

 

それは、人によって感じ方も色々だから、

絶対こうである、ということは

断定はできないかもしれないですが、

大昔の作曲家などが

具体的なイメージを記しています。

 

弾く時には、そのようなことにも

気を配りつつ、装飾音の入れ方とか

音のつなげ方、切り方など

悩むことがたくさんあり、

みなさま悩みは同じで、

どうしたらいいのでしょう~!!

と大盛り上がりしたのでした。

 

 

いつかチェンバロもご一緒に

弾いてみましょう!と

言って下さり、夢はふくらむばかりですラブ

 

わーい、広がる音楽の輪!

色々なお仲間が増えてうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ      ランキングに参加しています。
にほんブログ村         バナーをクリックして下さるとうれしいです。

 

 

 

体験レッスン募集中

 
詳しくは、ホームページをどうぞ。
 
 
お問い合わせ
 
 
電話
 
メール
 
m0501t1204★yahoo.co.jp
(★を@に変換して下さい)
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

町田市成瀬の大野ピアノ教室、大野由利子です。

ブログにご訪問いただき、ありがとうございます。

 

 

いきなりですが、このピアノ椅子を

ご存じですか?

 

 

背もたれのある椅子で、

トムソン椅子といいます。

 

背もたれの後ろに、椅子の高さを

上げ下げできる金具があり、

身長に合わせて、高さを変えるのです。

 

実は、この写真のトムソン椅子は、

前のグランドピアノを買った時から使っており、

なんと40年使いましたびっくり

 

はっきり言って、もう高さを調節する

金具がガタガタで、大人が両手で

持ち上げないと高さを変えることが

できませんでした(苦笑)

 

生徒さんの小さい手では、とてもじゃない

けど、扱えません代物でしたえーん

 

 

以前から買い替えたいと、気になって

いたのですが、やっと買い替えました!!

 

ジャーン!!

 

 

 

写真だと、あまり違いがわかりませんね(>_<)

やはり椅子の上げ下げが超スムーズです。

 

生徒さんがレッスンに来てくれるたびに、

椅子の上げ下げの練習をしてもらいました。

これで、来年の発表会では、自分で

調節できそうですね~

 

 

ちなみに、もうひとつ背もたれのない

とても立派な椅子もあります。

 

こちらです。

 

 

椅子の左右にくるくる回す大きなネジの

ようなもので、高さの調節をしますが、

結構時間がかかります。

それに、大きすぎて、小さい生徒さんには

ちょっと向きませんね。

私のような大きいお尻には、ぴったりですが。

私が練習する時は、もっぱらこちらを使います。

 

 

ピアノの椅子も色々あるのです。

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ      ランキングに参加しています。
にほんブログ村         バナーをクリックして下さるとうれしいです。

 

 

 

体験レッスン募集中

 
詳しくは、ホームページをどうぞ。
 
 
お問い合わせ
 
 
電話
 
メール
 
m0501t1204★yahoo.co.jp
(★を@に変換して下さい)
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス