前回の続きです。


また、グダグダ悩むだけの話です滝汗



こどもチャレンジ時代からず~っと続けているチャレンジ。
チャレンジ1年生は、ほどよいボリュームで、教科書と沿った内容でよい感じです。
簡単なので、兄さんも気軽に取り組めます。我が家は学習習慣をつけるのが1年生時の最大の目標なので、その点はとても満足しています。
チャレンジナビが、毎日の学習予定時間を知らせてくれるのもいいグッ

しかし4月のはじめ。毎日真面目に取り組んだ兄さんは、月の半分もたってないのに4月分を終わらせてしまった…真顔真顔
うーん。。早いな。
あと半月どうしましょ。

一応、こういう時用のドリルなんかも付いていたのでやったりしていたのですが、
その時ちょうど案内がきていた
『考える力プラス講座』というオプションを頼んでみることにしました。




 ☑4教科の知識を活用して考える力を伸ばす
 ☑体験学習を通して、問題解決力を養う
 ☑個別添削で、高い表現力を育てる
 ☑粘り強く深く考える習慣が身につく


上差しこんな感じで、学校の勉強以上の力をつけることが目的の講座です。
今大事だと言われている、自分で考えて解決する力がつくのかなぁと思ってやってみることにしました。(年長時代の思考力特化コースが良かったので、こちらにも期待して。)

こんなのがあるよと兄さんに提案したとき、それはそれは食いつきました。
それは、こっちの講座にも赤ペン先生の問題があるから。
ど、いうか赤ペン先生の問題を送ると貰えるポイントが目当て!!!

キラキラ努力賞ポイント制度キラキラというものに、兄さんはドはまりしておりますポーン
努力賞ポイントとは、赤ペン先生の問題をベネッセに送ると、ご褒美ポイントがもらえるのです。そのポイントを貯めて好きな商品に変えることができるというもの。


こんな感じの物がもらえます。

1回分で8ポイント。
プラス講座をやると、1ヶ月で倍の16ポイント貯めることができます。

兄さんは、完全にそれ目当て滝汗


カタログをウハウハしながらながめ、
「これとあれとあれがほしいから、◯点貯めないと…。そうすると、何ヵ月かかるかなぁ…。」
と、せっせと計算に励んでいます。

ほんと、飽きないの!??ってぐらいカタログ見つめてる。笑

悩んで悩んで3点欲しいものを決めたらしく、ちょうど1年で貯めて全部手に入れられる予定らしいです照れ
(6月号でキャンペーン(?)とかでポイントが倍もらえてもっと早く貯められるルンルンとウキウキしてました。笑)

しかし、プラス講座は、普通のチャレンジ1年生よりも時間がかかるようで20分~30分頑張っています。
兄さんは1人でやっていて、分からないときだけ呼ばれますが、基本は親と一緒にやった方が理解も深まり考え方も広がると思います。
(我が家はなかなか一緒にやる習慣がなくてタラー)

難しいのでやり始めるのに気合いがいるようで、なかなか腰が重い…(*_*)ウーム
よい講座だとは思うけど、今はピアノの毎日のガッツリ練習に力を入れたいのに、ちょっと負担が大きすぎたかも…!??アセアセ
もっと後から始めれば良かったかなぁと後悔~滝汗滝汗

ポイント狂の兄さんは意地でもやると言って頑張っていますが…。
もっと余裕をもった毎日にしてあげたい…笑い泣き
よく考えずに始めてしまって反省です💦



あと、チャレンジをしているなら活用したいのが、『まなびライブラリー』というもの。
これ、会員なら無料で色んな電子辞書が借りられるというもの!
図書館や本屋に行くことなく本を手にできるし、年齢に合った本を提案してくれたりして選びやすいのも魅力ですキラキラ(図書館などで本を選ぶの苦手なんです~。自分のも子供のも、有名どころばかり選んでしまう。。)

兄さんの学校では読書記録カードがあるので、読む本をどうにかしないとな…と思っていたのでこれを活用したらとても便利じゃないかキラキラ

ただ、問題は媒体は何で見せようか…ということ(*_*)私のスマホは画面小さめスマホ家の(というかほぼ夫の)タブレットも、小さめだしほぼ夫が持ってるので使いにくい。

私が大きめのスマホに機種変しようかなぁ。←え

いやいや、チャレンジ1年生を、チャレンジタッチに変更したらどうだろう?と悩み始めました。
チャレンジタッチはタブレット学習になります。なので、まなびライブラリーは、そのタブレットで見ることができる。
(※以前はタブレット学習に切り替えるのは字をきれいに書けるようになってから…と思っていましたが、学校でしつこく平仮名練習してるので、丁寧に書こうという意思は見られるようになってきたのです。ま、まだキレイとは言えない字だけど笑い泣き)

全く眼中になかったチャレンジタッチなので、今回ちゃんと調べてみたら、なかなか良さげなのです。

Q.紙のチャレンジとチャレンジタッチの違いは??
<チャレンジ>
・自分のペースで紙のテキストを中心に、より理解を深めることに役立つ体験教具を使いながら学習を進めていただけます。
 
<チャレンジタッチ>
・自分のペースで、デジタル教材を中心に学習を進めていただけます。
・おすすめする教材を教科ごとにコース設定することもできます。
・お子さまの学習進度・理解度に応じて、基本のみならず、発展的な内容のレッスンに取り組むことも可能です。

また、漢字・計算につきましてはお子さまの理解度に応じて先取り・さかのぼりができるアプリもあり、よりお子さまお一人ひとりが、ご自分の実力に合った学習に取り組める内容になっています。
(Benesseのサイトより↑)


↑つまり、タッチは無料で発展問題ができたり、英語や漢字のアプリが使えるらしい!
それに、子供に合った問題を毎月送ってくれる!

え、同じ値段でそれなら、紙よりタッチの方がいろいろ出来て、お得じゃない??と、ビックリしましたびっくり

以前は、問題数が少ないとか、タッチパネルの性能が悪いとか、評判は微妙だっだみたいですが、ずいぶん改良されたみたい!??

本当は、タブレット教材なら、スマイルゼミに惹かれていたのですが
兄さんが進研ゼミのポイント狂ですからね。。滝汗そっちに変更は無理そうタラー

あーーー悩むうずまき
周りでチャレンジタッチをやってる人がいないんだよねー。スマイルゼミは見せてもらった事があるのだけと。

とりあえず、以前はタブレット学習に否定的だった夫に言ってみようかな。

夫と兄さんの了解がとれれば、チャレンジタッチを前向きに考えます✨
プラス講座は内容がいいので、とりあえず夏休みまでは続けようかと📕すごく負担が大きいなと感じたら、いったん止めようかな真顔



チャレンジはこんな感じ。
習い事の悩み、実はもうひとつ…。

今日、以前から興味のあった習い事の体験に行ってきます真顔キラキラ
また兄さんの負担が増える!??💧笑

また、続きます~✋