ケンジントン宮殿 | 広島の大人可愛いフラワーサロン (FLORAL NEWYORK認定校・FEJプリザ アート・コサージュ・アイロニー認定校 生花レッスン)

広島の大人可愛いフラワーサロン (FLORAL NEWYORK認定校・FEJプリザ アート・コサージュ・アイロニー認定校 生花レッスン)

FLORAL NEWYORK認定 広島校❀ プリザはBridal Designクラスまで。アーティフィッシャルフラワーもProfessionalコースまでご受講可

FEJ資格取得コース・販売コース・CAコサージュコース
アイロニー認定校 生花レッスンも毎月ご受講可


 
※ただ今 イギリス滞在中♡
ロンドンでのフラワーレッスンや
オーダーもこちらで受付可能です!
 

アイロニー認定校レッスンも、Londonの
コベントガーデンフラワーマーケットで生花を仕入れられますのでレッスン可能です!

ご希望がございましたら
お気軽にお問い合わせくださいませ♡

後ほど アメブロと
ホームページの方にも
今月の認定校アレンジをアップ予定です!


また、来月初めまでには
クリスマスリースのデザインも
こちらで考えて ご案内予定です。

11月末には、大阪でもコラボイベントに
クリスマスリースで参加予定です。
 
 
学生の時に来たことがある
ケンジントン宮殿ですが、
今回は、ゆっくりと回ることができました。
 
また、ロイヤルファミリーについて
 
さらに歴史を知りながらじっくりと感じることが
できる至福の学びの時間となりました♫
 
 
この住居には
ヴィクトリア女王 ウィリアムⅢ世
アン王女 マリー王女
ダイアナ妃も住んでいました。
 
ビクトリア女王は、18歳で女王に即位し
63歳で退位したそうです。
 

 


衣装やジュエリー
手紙なども展示されており
色んな想いに馳せておりました。

 

 

 
若くして女王になり
きっと勇敢で 芯の強い女性だったのだろうと
詩や歴史の中の様子
発していた言葉の中から感じさせられました。

 

 

 

 

 
ダイアナ元姫もこちらのkensington palaceに
お住まいだってのですね。

可愛らしい 素敵な家族写真もありました^^



キャサリン妃やジョージ王子などのお写真も

 

 

 

 


美しい肖像画が
沢山展示されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
こちらはビクトリア女王の寝室です

 

 

 

 

18歳の時に 着ていたというドレスの下の
アンダーウェア

 
 


大英帝国 全盛期のヴィクトリア女王

有名な女王即位 戴冠式のシーン

 

ヴィクトリア女王が好んだといわれる
インドの王子

イギリスは一大植民地帝国を築きあげて
ヴィクトリアは 「インド女帝」となる。

 
 

美しい。。
衣装も素晴らしかったです!
 

ウェディングドレスといえば白が定番ですが、実はこれもヴィクトリア女王の結婚式が由来だそう。

それまでのドレスは、花嫁が持つ気に入ったドレスで良かったそうです。特に色は指定されていなかったので、ウェディングドレスに白はあまり用いられてなかったという話も!

 

最愛の夫 アルバート公は
病で40歳過ぎに亡くなり

ヴィクトリア女王は 嘆き悲しみ
二度と豪華な衣装を着ることは
なかったそう。



自身が亡くなるまでの 39年間を
黒い喪服だけで 過ごしたという。。!!

 
 
 

 
 
 
 
 

期間限定のイベントにより、

ダイアナ元妃の外交の際のファッションや
ファッションに対する熱い思い、
これまでのワードローブを観ることができましたよ♪

 
 
 
 
 
 
 
 
 

ロイヤルアルバートホールを
眺めながら
最寄りの駅に着きました
 

ロイヤル アルバート ホールは
ヴィクトリア女王の夫
アルバート公に捧げられた演劇場です。


Lovely day ♫