【おためし高速スライダー ~桃色読書~】 | 監督のささやき戦術

 とあるところからちょっと変わった「サンプル本」を頂戴したので、その経緯と内容をここに紹介させて頂く。

 

 

 衝撃的なデビューを飾りながらも怪我に苦しめられ、世間では「悲運のエース」などと称された元スワローズの伊藤智仁投手(現イーグルス一軍投手コーチ)の半生を綴ったノンフィクション、『幸運な男 ~伊藤智仁 悲運のエースの幸福な人生~』

 2017年に上梓された本作の著者は、熱狂的スワローズファンにして『12球団ファンクラブ評論家®』としてお馴染み、当スタジアムも大変お世話になっている長谷川晶一さん

 

 その長谷川さんの『幸運な男』が、Web漫画として連載されているのをご存じだろうか?

 マンガクチコミサイト『マンバ』上にて、『高速スライダー 幸運な男・伊藤智仁』というタイトルで連載されているのだが、作画を担当しているのは、『ワイルドリーガー』『球場三食』などの野球モノでも知られる漫画家・渡辺保裕さん

 とあるTV収録でご面識を得て以来、実は渡辺さんにもお世話になっている当スタジアムなのであった。

 

 そんなおふたりがタッグを組んでの月イチ連載、一読者として毎月楽しみにしていたのだが、ある日その掲載プラットフォームである『マンバ』さんから当スタジアムにお声掛けが

 なんでも、この『高速スライダー 幸運な男・伊藤智仁』の書籍化のプロジェクトが進んでいるそうで、作品の知名度をより一層向上させるべく、プロモーションを手伝ってくれ、ということであった。

 微力さには定評がある当スタジアムで宣伝することで作品の知名度が上がるかははなはだ疑問ではあるが、この手の面白そうなことには何にでも首を突っ込んでゆく姿勢をここでもいかんなく発揮し、二つ返事で喜んで引き受けたのは言うまでもない。

 

 

 前置きが長くなったが、ここからが冒頭で触れた「サンプル本」の話。何のサンプルかと言えば、もちろんそれは『高速スライダー 幸運な男・伊藤智仁』。

 Web連載の第1話の「サンプル本」を1冊頂戴したのである。

 もちろん内容は一度読んでいるモノとまるっきり同じなのだが、紙に印刷された漫画では細かな描き込みなどが改めて確認でき、スマホの小さな画面で見るとのは違う、臨場感や迫力が楽しめるようになっていて、製品版への期待値もストップ高である。

 

 皆様にもぜひそれを味わって頂きたく、こちらの「サンプル本」は、当スタジアムの野球本ライブラリに並べておくので、ぜひお手に取ってご覧頂き、まだいつ頃になるかなどは正式決定していないらしい『高速スライダー 幸運な男・伊藤智仁』の書籍版刊行を楽しみにお待ち頂ければ。

 

 

 ちなみに頂いたポスターは……

 当スタジアム入場階段壁面の、原作本のお隣に掲出させて頂いた。

 次回長谷川さん、渡辺さんがご来場の際には、白い部分にでかでかとサインを頂戴したいと思う。

 

 

 場内の野球本ライブラリに加わった、ちょっと珍しい野球漫画を読みがてらにでも、引き続き皆様の当スタジアムへのご来場を心よりお待ちしております。