【第2球場プロジェクト通信 ~戦力補強~】 | 監督のささやき戦術

 皆様お忘れ、というかそもそもご存じないという方のほうが多いと思われるが、今から1年ちょっと前に当スタジアムがぶち上げた新店舗構想、題して『リリーズ第2球場1000日プロジェクト』

 1000日かけて『第2球場=2号店』を出店したいという長期計画。最近全然言及しないので、やっぱり早々に立ち消えたかと思われているかもしれないが、そんなことはない。水面下ではずっと動き続けているのである。

 

 目標である2021年3月26日まで、気付けばもう残り601日、およそ20か月。まだまだ先のようで、過ぎてしまえばあっという間の時間である。

 このタイミングで、第2球場実現の要諦の大きな一つである『戦力補強』を行うべく、ここに告知させて頂きたいと思う。

 

 

 2013年の開場から6年と少々。主な客は閑古鳥、という状況からスタートし、あれこれジタバタともがいてきたのがうまいことはまったのか、運のいいことに今のところ廃業の憂き目を見ることなく、どうにか存続できている当スタジアム。皆様の支えの賜物であり、本当にありがたい限りである。

 むしろ最近は、せっかくご予約お問い合わせを頂きながらも、満席で泣く泣くお断りさせて頂くというような状況も生まれるようになってきており、それが第2球場構想に至った理由のひとつでもあるのだが、もうひとつ、わりと大きな問題が生じてしまっているのである。

 それは、「忙しくて手が回らない部分が多々出てきている」ということ。

 

 「忙しさを理由にするのは無能の言い訳」みたいなことはよく聞くが、こちとら自覚のある無能なので、躊躇なく口にできるから気にしない。

 かつて売上は全然なかった頃は、心に余裕がない反面、時間にはたっぷりと余裕があり、アイデアを形にする作業に集中できていた(現実逃避的に)のだが、ここ最近の繁忙は、もちろん商売としては大いに結構でありがたいことなのだが、その分時間を生むことが難しくなってきてしまっているのである。

 たぶん忙しさのスケールが違いすぎるので、こうした例えも気が引けるのだが、言うなれば「大きな賞レースで優勝したお笑い芸人が、急に忙しくなって新ネタ作りの時間が取れなくなる」みたいな状況なのである。

 

 ご存じの通り、小さな小さな居酒屋である当スタジアム。ゆえにプレイヤーとしてフィールド(店)に立つのはもちろん、ユニフォームやロゴマークのデザイン、メニューやPOP類の作成、販促企画の立案、HPや各種SNSの運用、取材などのメディア対応、業者との折衝、経理事務などなど、当スタジアム開場以来、事業の根幹にかかわる部分は全て自分一人で賄っている

 これは零細企業として当たり前のことではあるのだが、忙しくなってきたがためにそのあたりの業務が疎かになってしまっては先細ってゆくのみであり、また、先々のこと、ようは第2球場などを視野に入れるのであれば、この個人技のみに依存する形が好ましいはずもなく。

 

 ということで『リリーズ第2球場1000プロジェクト』が残り約600日になったタイミングで……

 自分をサポートしてくれる、自分に代わって采配を振るってくれるヘッドコーチ、そして次期監督を担う人材の募集を開始したいと思う。

 

 野球居酒屋などというニッチでマニアックな商売を飯のタネにしたい!、将来的に独立したい!、などとお考えの方がもしいらっしゃれば、当スタジアムで修業……なんて偉そうなことは言わないが、ただの野球好きの素人が好きをこじらせて始めた商売がとりあえず6年強続いている様を、間近で見ませんか?というお誘いである。

 

 飲食経験、独立経験、マネジメント経験など、もちろんあればそれに越したことはないが、まっとうな努力と知恵と工夫の最大活用、何より「絶対に野球でメシ喰ったる!」という強い意志があれば、意外とどうにかなる(と個人的には考えている)野球居酒屋業界

 綺麗ごと的に「好きなことを仕事にしていれば、何もかも楽しい」なんていうつもりはない。大変なことも山のようにあるのは、身をもって経験済みであり、皆様もある程度は想像がつくとは思う。

 ただ、「大変なことはいっぱいあるけど、この商売をやっててとにかく楽しいし、よかったとしか思わない。後悔も全くない」とも自信を持って言えるのも事実である。

 

 何の才能もセンスもコネも人脈もない自分が、ゼロから立ち上げてとりあえずつぶさずに維持できているのだから、基本的には(やり方さえ間違えなければ)野球居酒屋は誰でもできると考えている。そのあたりの話は、以前『野球文化大学』の『野球居酒屋のススメ』という講義でもさせて頂いた。

 とにかく要は意欲と覚悟の問題。「やりたい!」という意思をお持ちの方がいらっしゃれば、そのあたりの一見アンビバレンツな話がちょっとどういうことなのか話を聞きたい、というレベルで結構なので、ぜひお気軽にお問い合わせ頂ければ。

 可能な限り多くの「野球居酒屋に野心を燃やす未来の監督候補」の方とお会いして、色々とお話が出来れば、それが採用に至らなくとも、当スタジアムとしてもとても嬉しく思うので、ぜひ多くの出会いが生まれることを願っている。

 

 限りなく低い確率かとは思うが、皆様の周囲に「野球居酒屋王に俺はなる!」と公言してはばからないような方が万が一いらっしゃったら、病院を紹介する前にぜひ当スタジアムのことをお教え頂ければ幸いである

 

 

 前述のとおり、おかげ様で最近そこそこに忙しい当スタジアム。幹部候補以外にも……

 選手(アルバイトスタッフ)も同時に募集中

 詳細はリンク先をご確認頂き、我こそが次代の主力を担わんという野球好きの皆様のご応募をおまちしている。

 

 

 いいお客様に恵まれて存続できている当スタジアムをより良くしてゆくために、大きくしてゆくために必要なのは、やはりいいスタッフ。

 新たなる戦力を迎えてより良く大きくなってゆきたいと願っている当スタジアムへの皆様のご来場を、引き続き心よりお待ちしております。