【真夏の夜の夢2019 ~桃色行脚'19~】 | 監督のささやき戦術

 『都市対抗野球』と並ぶ東京ドームの夏の風物詩と言える、恒例の野球チャリティーイベントに今年も参戦してきた、昨日の休場日の話をさせて頂く。

 

 昨夜の東京ドームで行われたのは、今年で開催24回目を数えるこのイベント。

 大手飲料メーカーのサントリーさんが主催するチャリティーイベント、プロ野球OBによる夢の球宴『サントリードリームマッチ』である。

 『プレミアムモルツ』を筆頭に、多くのサントリー製品を扱っている当スタジアム。そういったご縁もあって、ありがたいことに毎年サントリーさんにご招待頂いているこのイベント。今年も出入り禁止を言い渡されることなく、7年連続の参戦が叶う。

 

 

 毎度のことだが、数多くの出場選手や試合中の見どころなどを全部語っていったら、とんでもない分量となってしまうこの『サントリードリームマッチ』ゆえ、今年も山盛りあった名場面の極々一部をかいつまんで紹介してゆく。

 

 始球式のマウンドは、6年連続で女優の石原さとみさん

 そのすべての始球式を生で見ているので、もはや「1年に1回だけ会う遠い親戚」のような気分である。

 

 毎年異なる投球フォームを仕込んでくる、エンターテイナーな石原さん。今年の始球式のマウンドは……

 今回初出場を果たした、かつて巨人やレッドソックスなどで活躍された岡島秀樹さんの代名詞、『ノールック投法』であった。

 

 24回目となるこの試合のスタメンはこちら。

 もちろんこの後、例年通り怒涛の勢いでメンバーは入れ替わってゆく。

 

 年に一度の夢舞台に相応しく、両球団とも先発は一時代を築いた沢村賞投手であった。

 プレミアムモルツの先発は、新入団の元ホークス攝津さん

 よく日に焼けているが、やはり釣り焼けなのだろうか?

 

 対するドリームヒーローズの先発もルーキー。タイガースなどで活躍した井川さん

 現役時代は「髪の毛もっさり」のイメージが強かったが、この日はきれいに調髪されていた。

 

 今年は9名のルーキーが両球団に入団したが、その中で最も大きな声援を浴びていたのは、昨年までここ東京ドームで采配を振るっていたこの選手。

 ジャイアンツの元監督、高橋由伸さん

 打者として元チームメイトの高橋尚成さんらと対戦し……

 投手としてマウンドに立つというサプライズ起用では、ジャイアンツの先輩桑田真澄さんと対決し、場内を大いに沸かせていた。

 

 

 元ジャイアンツ山口鉄也さんや、元カープ天谷宗一郎さんなど、現役引退ほやほやのフレッシュなプレイから……

 『サントリードリームマッチ』名物である往年の大レジェンドたちの夢の競演と、今年も幅広い年代のプロ野球OBたちが躍動。

 

 例年乱打戦になりがちなのだが、今年は珍しくスコアボードに「0」が多く並ぶ締まった展開に。

 最後は前人未到の1002試合登板を誇る鉄腕、初出場の岩瀬仁紀さんが現役時代同様にビシッと締めて……

 プレミアムモルツの6年連続の勝利となる。MVPに輝いたのは、初出場の高橋由伸さんであった。

 

 2018年は両チーム合わせて28安打に、5つのエラーがあったことを考えると、今年がいかに締まったいい勝負だったかがよく分かる。往年の輝きが随所に見受けられる、見ごたえのある好ゲームであった。

 

 そんな夢のような試合に、ビールが進まないはずもなく……

 「飲んでチャリティー」の名目の元、じゃんじゃんプレミアムモルツをあおり、6万杯強売れたのビールの一部を担わせて頂く。

 

 サントリーさんのおかげで、今年も豪華な夢試合を大いに満喫させて頂いた昨日の休場日。

 この『ドリームマッチ』がある限り、当スタジアムのビールは未来永劫『プレミアムモルツ』であり続けるであろう。来年以降も野球を通じたチャリティ活動に、一ファンとして参加し続けたいと思う。

 

 

 野球も大いに盛り上がりを見せる夏本番も、引き続き皆様の当スタジアムへのご来場を心よりお待ちしております。