【熱心な巨人ファンごっこ・前編 ~桃色行脚'19~】 | 監督のささやき戦術

 あまり知られていないが、開場2年目の2014年から、NPB12球団すべてのファンクラブに入会し続けている当スタジアム

 残念ながら今のところ「野球のことなら金に糸目はつけね~ぜ!」などとカッコいいことを言えるような経済状況ではないので、一部の例外(ご贔屓イーグルスの10万500円)を除き、各球団ともだいたい4000~5000円くらいの一番ベーシックなランクの会員である。

 

 そんな中で、例外的に今季からランクを上げてしまったファンクラブがある。

 それはというと、今季より『CLUB G-Po』から『CLUB GIANTS』と改称され、リニューアルしたジャイアンツファンクラブの新設カテゴリ、『GOLD MEMBER』。お値段27000円。昨年までのおよそ5倍の金額である。

 生まれ変わったファンクラブの、新しく作られたカテゴリに興味を惹かれたのもあるが、一番は「5年以上の継続会員じゃないと入れない」という、金さえ払えば誰でも入れるわけではない入会障壁をクリアしてたことに少々歪んだ優越感が刺激されて、衝動的に入会してしまったのである。

 

 3500名限定の、選ばれし『CLUB GIANTS GOLD MEMBER』1期生のひとりに恥じぬよう、今季は例年以上に東京ドームに足を運ぼうと考えた開幕前。

 この思想は、もろに「ファンクラブの特典を享受するためには、余計に散在を厭わない」という12球団ファンクラブ入会者の本末転倒的あるある(当スタジアム調べ)である。

 

 とにかくその開幕前の誓いに従い、実は密かにまあまあ熱心なジャイアンツファンと言っていい頻度で東京ドームに通っている今日この頃

 前置きがすこぶる長くなったが、そんな動機に衝き動かされて足を運んだここ最近の東京ドームのジャイアンツ戦観戦の話を、ここにまとめてさせて頂く。

 

 

・5月22日(水) VSベイスターズ

 

 昨年のパンダに続くジャイアンツの生き物シリーズ第2弾、『ジャイアンツ水族館』の『クマノミキャップ』という珍品を回収に、仕事を中抜けしてやって来た東京ドーム。

 スタンドはご覧の通り魚だらけ。1階コンコースにはご丁寧にクマノミ入りの水槽まで設置されていたが、小さすぎてあまり気付かれていなかった模様。

 ちなみにこの日は、もうひとつ配りモノが。

 今季5回開催予定だった『プレーヤーズ・デー2019』の第2回、岡本選手のTシャツがファンクラブ有料会員先着1万名に配布されたこの日。

 わざわざ行って貰えなかったら悲しいので、かなり時間に余裕を持って行ったのだが、プレイボール後でも全然余裕で貰えたことを後に知る。

 試合は1回表を見たのみで、この日の主役岡本選手の打席を見ることなく、すぐさま仕事に戻る。

 

 

・5月23日(木) VSベイスターズ

 

 2日続けてやって来た東京ドーム。理由は店の予約が少なくてわりと暇だったのと…

 前夜に引き続いての『プレーヤーズ・デー2019』の開催日だったから。

 前日得た教訓を生かし、この日はのんびりと球場へ向かい、無事に丸選手のTシャツをゲット。それプラス、入場ゲートでは丸選手のオレンジタオルも配布されていた。

 

 この日も観戦は1回の表のみで、やはり主役の丸選手の打席を見ることなく自軍本拠地神田スタジアムへと帰還。

 

 

・6月8日(土) VSマリーンズ

 月が替わって6月の、土曜デイゲームのマリーンズとの交流戦。マーくんやM☆Splash!!の他、警視総監とピーポくんまで来場するという、なかなか賑やかだった一戦。

 

 ジャイアンツは『橙魂ユニ』を着用していたが、配布試合ではなく。

 なぜこの試合に足を運んだのかというと……

 マリーンズファンクラブのビジター応援デーだったから、というのが一番の動機。

 この時点でもう『CLUB GIANTS GOLD MEMBER』の一員として云々…という当初の志を忘れている……

 

 ちなみにこの日の試合は珍しく1回裏まで見て、仕事に戻る。

 

 

 皆様もう薄々……、いやあからさまに勘付かれてるかと思われるが、今のところモノが貰える試合にしか足を運んでいない。そしてここから先も同様である。

 6月後半から7月頭にかけての、高級会員ゆえの忠誠心などではなく、モノ欲しさにせっせと東京ドームに足を運んだ話の続きは、また次回に。

 

 

 繋ぎがよければ15分で来られる超至近球場東京ドーム帰りなどでの皆様の当スタジアムへのご来場も、引き続き心よりお待ちしております。