【狭山の丘の人形収集 ~桃色行脚'19~】 | 監督のささやき戦術

 久々に、モノを回収するためだけの出勤前の超時限観戦をしてきた、本日日中の話をさせて頂く。

 

 

 小雨そぼ降るなか、やって来たのはこの球場。

 梅雨時には屋根の有難味を実感する(霧が出たりするが)、メットライフドームである。

 

 ゴールデンウィーク以来今季二度目となるこの球場にやって来た目的は、これ。

 源田選手のボブルヘッドである。

 

 昨季は西武ライオンズ40周年ということで続々リリースされた松井稼頭央選手秋山幸二選手デストラーデ選手のチームのレジェンドのボブルヘッドをもらいに足しげくここに通ったのだが、今年はその活動を全くしてないな……と思い、せっかくだからひとつくらいはとボブルヘッド付きチケットを取って参戦したのである。

 そんな動機なので、特に源田選手の大ファンというわけではない

 

 

 細かなことだが、昨季は獅子ビルの3階の宴会場みたいなところが引き換え場所だったボブルヘッド。

 どういう理由かは不明だが、今回は地下1階に変更になっていた。

 

 狭山スキー場の営業時はロッカールームとなっているらしいここ。

 なるほどそんな雰囲気である。

 狭山スキー場に滑りに来たことは一度もないので、もちろん生まれて初めて立ち入った。

 

 

 試合はライオンズVSバファローズ

 14時プレイボールのデイゲーム。

 

 当スタジアムからそこそこ遠隔地の球場の、出勤前の時限観戦。現地で見られたのは、1回表を本田投手がさくさく抑え……

 その裏、バファローズ先発の榊原投手から、先頭の秋山選手がヒットを打ったところまでの、正味10分。

 続く源田選手のタイムリーでライオンズが先制したのは、球場から駅へと向かう途中で聞こえた大歓声で知る。

 

 余談だが、ただボブルヘッドを取りに行くためだけに狭山の森の中まで行くのもなんだな……と思い、ちょうど西武第二球場で行われる予定だったイースタンリーグの西武第二ライオンズVS戸田スワローズの一戦も予定に組み込み、プチダブルヘッダーする気満々で結構早めに現地に到着していたのだが……

 こちらは残念ながらプレイボール前に雨天中止となってしまい、1行程で2試合を稼ぐ作戦は失敗に終わる。

 

 

 そんなわけで、慌ただしくメットライフドームに行って帰ってきた本日日中。

 今季まだ一度も1試合丸々観戦できていないこの球場。来月には新グッズショップもオープンするので、それらを見物がてらにでも、今度はゆっくりと訪れたいと思う。

 

 

 展示場所も収納場所もとうに飽和状態を迎えているのに、グッズ収集意欲は全く衰えない当スタジアムへの皆様のご来場を、引き続き心よりお待ちしております。