【鎌ヶ谷の若鷲躍動 ~桃色行脚'19~】 | 監督のささやき戦術

テーマ:

 絶好のデイゲーム日和に誘われて、豊かな緑に囲まれたのどかなファーム球場でのんびりと観戦を楽しんできた、先日の休場日の話をさせて頂く。

 

 

 電車とバスを乗り継いで、やって来たのはこの球場。

鎌ヶ谷スタジアム 正面

 今季初となる日本ハム二軍本拠地、ファイターズ鎌ヶ谷スタジアムである。

 

 この日の対戦相手は、我がご贔屓楽天二軍の泉イーグルス。今季開幕してからまだまともに観戦できていなかった若鷲たちを検分にやって来た。

 

 13時プレイボールのスタメンはこちら。

日本ハム対楽天 5/14

 この日は『DJチャス。デー』ということで、スコアボードは今まで見たことのない紫色仕様に。

 「派手な格好のオッサン」という共通項で、DJチャス。氏にはそこはかとない親しみを抱いている

 

 2年目の荒木大輔監督と、新任の三木肇監督

荒木大輔 三木肇

 スワローズ感が半端ないマッチアップである。

 

 鎌ヶ谷ファイターズの先発は、トミージョン手術からの復活を期すこの右腕

中村勝

 今季10年目を迎えた中村勝投手

 

 一方の泉イーグルスの先発は、意外なビッグネームの名が告げられて球場内がざわつく。

岸孝之

 開幕戦で故障してしまって以来の実戦マウンドとなった、岸投手

 まさかこんなところで今季初めてお目にかかろうとは……。このレベルの選手が二軍で見られると、なんだか得した気分になる

 

 3回無失点とさすがの投球を見せた岸投手に対し、中村投手は大乱調

 初回に内田選手のスリーラン

 

 続く2回には……

 ドラ7ルーキー小郷選手のツーランと、2回までに5点を奪った泉イーグルス。

 

 岸投手のあとを受けて4回からマウンドに上がったのは、悩める若き右腕

藤平

 開幕ローテに入ったものの、2戦続けて試合序盤ノックアウトで二軍調整となった、3年目の藤平投手

 この試合では6イニングを投げて被安打1の無失点という好投を見せた。こんなところで投げてないで、早く一軍でバリバリ活躍してほしいと願っている。

 

 

 前述の2ホーマーに加え、相手のエラーもあって9安打で10点を奪った泉イーグルスに対し、散発3安打の貧打の上に、8回には1イニング4エラーとまるで見どころがなかったこの日の鎌ヶ谷ファイターズ。

 暑くも寒くもない陽気で日差しと風が気持ちよく、犬鷲ファン的にはストレスフリーな試合展開で、半額デーで300円だったビールも大いに進み、久々の若鷲観戦を大いに楽しむことが出来た日曜日の鎌ヶ谷スタジアムであった。

 

 実はこの試合でも新席種を試してきたので、その話はまた次回に。

 

 

 初夏に差し掛かり、野球の季節がますます深まる5月後半も、引き続き皆様の当スタジアムへのご来場を心よりお待ちしております。

ベースボール居酒屋リリーズ神田スタジアム 監督さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ