【15年目の杜の都はじめ ~桃色行脚'19~】 | 監督のささやき戦術

テーマ:

 先週は西へ、今週は北へ。

 2週連続の遠征に出かけてきた、昨日の休場日の話をさせて頂く。

 

 

 半年ぶりに乗った北へと向かう新幹線で、やって来たのはこの球場。

楽天生命パーク宮城

 我が地元仙台の、我がご贔屓楽天イーグルスの本拠地、楽天生命パーク宮城である。

 

 今季、球団創設15年目のシーズンを迎えたイーグルス。

 創設から応援を続けているので、自分のファン歴も15年目に突入。フルキャストスタジアム宮城時代から続く本拠地遠征を今年も無事に果たし、15年連続となった。

 

 

 毎年何かしらの新要素をぶっこんでくる楽天生命パーク。今季の一大改革は何と言っても『完全キャッシュレス化』であろう。

楽天生命パーク キャッシュレス化

 まだ開幕して日も浅いからか、このようなスタッフがわりととんでもない数で配置されており、せっせと告知を行っていた。

 

 球場内のいたるところに設けられていた、『楽天Edy』のチャージスポット

楽天生命パーク Edyチャージ

 台数が十分あったため、どこもスムーズにチャージが出来るようになっていた。

 

 自分はというと、せっかくだから色々試そうと…

楽天生命パーク キャッシュレス決済

 『楽天Edy』と『楽天ペイ』の両方を使ってみたのだが、どちらも特に問題なく、スムーズに買い物ができた。

 実際のところはどうなのだろうかと気になって、試合途中でビールの売り子さんに聞いてみたところ、来場者に定着しているかというと、正直まだまだ、と言っていた。

 

 

 今季初の楽天生命パークは、いつものクリムゾンレッドの球場ではなかった

楽天生命パーク スタメンボード

 2019シーズンの企画ユニフォーム、『TOHOKU BLUE』の初着用試合にして、来場者への配布試合

 東北6県の澄み渡る青空をモチーフにしたという、鮮やかなブルーのユニフォームが埋め尽くしたスタンドは…

 青空とも相まって、とても美しい光景であった。

 

 こちらがその『TOHOKU BLUE』ユニフォーム

楽天イーグルス オコエ TOHOKU BLUE

 まったく見慣れないブルーの犬鷲戦士達。なかなかお洒落なストッキングだが、この日のスタメンでストッキングを出す着こなしをしていたのは、茂木選手だけであった。

 

 

 試合はイーグルスVSホークス3回戦

楽天生命パーク 4/14 スタメン

 ともに8勝4敗で迎えた首位攻防戦、大事なことなのでもう一度言うが首位攻防戦であった。

 まだ順位をどうこう言う段階ではないのは百も承知だが、開幕ダッシュに大失敗し、12球団10敗一番乗りというどん底にあえいでいた昨年の今頃のことを思えば、夢のようである。

 

 首位攻防直接対決のマウンドを任されたのは、2017年のドラ1右腕

楽天イーグルス 近藤

 大卒2年目の近藤弘樹投手

 ルーキーイヤーの昨季は一軍で9試合に登板したものの、初勝利は上げられず。則本投手を欠く中、2年目の飛躍を期待したかったのだが…

 

 ところでこの試合、本筋とは関係ないが、注目すべき情報がスコアボードに

楽天生命パーク 4/14 球審敷田

 観戦時に特殊な集中力を求められる球審、敷田さんの名が……。

 

 カウントが2ストライクになるたびに、期待してカメラを向けるという球審敷田さんの試合の際のお約束を、この日も忠実に実行し……

敷田 卍

 無事に「1卍」をゲット。結果的にこの試合ではこれが唯一の「卍」であった。

 

 試合の本筋と関係ない話を続けるが、この日の楽天生命パークにはめちゃくちゃ懐かしい鳥、っぽいヤツが飛来し、スタンドを大いに沸かせたのだった。

楽天イーグルス カラスコ?

 球団創設の2005年から、ゴミをついばむためにちょくちょく球場に飛来していたカラスで、2015年から長らく行方不明になっており、安否が気遣われていたが、昨季終盤に久々に楽天生命パークに現れて生存が確認された、Mr.カラスコ

Mr.カラスコ 2014年

 2014年9月21日撮影

 ……に異常なまでによく似た、覆面姿の謎の青い鳥

 球団も正体を把握していないそうなのだが、いったいどこの何者で、また現れるのだろうか…?

 

 

 チームは開幕から好調、絶好のデイゲーム日和に恵まれた陽気、そしてユニフォーム配布試合ということで、大勢の観客で賑わい、満員御礼が出たこの日の楽天生命パーク。その数は……

楽天生命パーク 最多動員数更新

 球場の最多動員記録を更新する27503名

 そういう試合にばかり足を運んでいることもあり、最多動員数更新に立ち会うのは、たぶん4回か5回目くらいだと思う。つい5~6年前までは23000名少々で満員と言っていたことを考えると、ずいぶん客席が増えたものである。

 

 

 首位攻防直接対決と関係ない話を延々続けているあたりでお察し頂けるだろうが、試合はというと……

楽天生命パーク 4/14 結果

 犬鷲ファン的には見どころのかけらもなかった、お寒い敗戦となってしまった……。

 

 何と言っても、ホークス先発のこの変則右腕が素晴らしかった

ホークス 高橋礼

 犬鷲打線を相手に内野ゴロで14個ものアウトを取るという、見事なまでの打たせて取るピッチングで、7回被安打3の1失点という文句なしの好投を見せた2年目のサブマリン、高橋礼投手

 この試合のホークス外野陣は本当に暇そうであった。

 

 決勝打は、この選手の守備中じゃないキャノン砲であった。

ホークス 甲斐

 2回に飛び出した、甲斐選手の3ランホームラン

 

 あまり見たことのない、防具をつけたままの試合後のヒーローインタビュー

ホークス 甲斐 ヒーローインタビュー

 座っていた位置の関係で、甲斐選手へのインタビューを美川憲一さんがやっているような構図の1枚が撮れる……。

 

 初代黒ユニを貰いに来た2017年2代目黒ユニを貰いに来た2018年、そして青ユニの今年と、気付けば3年連続で4月中旬の日曜日が「仙台はじめ」となったが、3年目で初の負け試合となってしまった。

 試合結果は残念ではあったが、こうして今季もまたご贔屓楽天イーグルスの本拠地に、とりあえずまあ健康で、店をつぶすことなくやって来られたことは、個人的には非常に喜ばしいことである。

 もちろん勝ったら嬉しいが、負けても楽しい、自分が育った街にある美しいこの球場に、今年もまたせっせと足を運びたいと思う。

 

 

 今年の球団HPの座席表で言えば、実に46種もの席種があり、個人的に「席種の宝庫」と呼んでいるここ楽天生命パーク宮城。

 珍席種愛好家として、数年がかりで様々な席種を試してきたが、2019年一発目の今回もまた、初めて座る新席種を試してきたので、その話はまた次回に。

 

 

 春になると途端に移動が増えるのが、野球ファンの行動パターンであろう。

 遠方からの東京遠征の際の第2位試合の会場として、当スタジアムへの皆様のご来場を心よりお待ちしております。 

ベースボール居酒屋リリーズ神田スタジアム 監督さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ