【犬鷲始めとレジェンド新監督詣で ~桃色行脚'19~】 | 監督のささやき戦術

テーマ:

 球団の歴史とイコールなので、今季15年目に突入した自分の楽天イーグルスファン歴。

 その15年目のシーズン一発目のご贔屓犬鷲観戦と、我がイーグルスとご縁が深い相手チームの新監督に会いに出かけた、昨日日中の話をさせて頂く。

 

 

 早起き(当スタジアム基準)をして向かった先は、豊かな緑に囲まれたこちらの駅

 昨年8月以来となった、西武球場前駅

 言わずと知れたライオンズ本拠地メットライフドームの最寄り駅だが、ここでのオープン戦開催はまだちょっと先。この日の目的地はお隣の西武二軍本拠地、西武第二球場の方。ファームのオープン戦、イースタン春季教育リーグを観戦にやって来たのである。

 

 メットライフドーム周辺といえば、目下大改修工事の真っ最中

 野球ファンの姿はまばらであったが、工事関係者や多くの重機、工事車両が忙しなく行き来していた。

 

 工事現場の中で、だいぶ完成に近づいていたのがこの施設。

 球場正面左手に建造中の新グッズショップ

 客も店員も気温や天候に大きく影響を受けていた今までの球場前のグッズショップとはまるで違う、立派でおしゃれな建物ではないか。完成が楽しみである。

 

 西武第二球場周辺にも、巨大工事現場が出現

 駐車場の一部をつぶして、新しい選手寮と室内練習場を建造中。そのため、目の前に見えている西武第二球場に行くためには、この工事現場をぐるっと大きく迂回する必要がある。

 

 そんな高度経済成長期のようにいたるところで響く槌音を聞きつつやって来た、西武第二球場。

 「メットライフドームの隣だし、行こうと思えばいつでも行ける」と思っていたのだが、そう思ってると足が向かないもので、気付けば2016年以来3年もご無沙汰していた。

 3年ぶりに、しかも出勤前のごく短い時限観戦にもかかわらず来ようと思ったのは、この新監督を1日も早く見たかったから

 昨季限りで現役を引退し、今季からライオンズの二軍指揮官に就任した、松井稼頭央新監督である。

 

 日米通算2705安打に465盗塁と、説明不要の平成を代表する名プレイヤーのひとり。我々犬鷲ファン的には、球団史上初にして唯一の日本一を成し遂げたメンバーのひとりとして、ひとかたならぬ愛着と思い入れがある選手である。

 その稼頭央さんが監督に就任し、古巣イーグルスと初めて相まみえるなどというメモリアルな一戦を見逃す手はないと、勇躍馳せ参じたという次第である。

 

 プレイボール前のワンシーン。

 ジャンパーを脱いだ松井新監督。現役を退いても、現役時代と同じダボダボ袖長のユニフォームを着ているではないか。シルエットが全く変わってないこともあって、このまま普通に試合に出てきそうな気がしてしまう。

 

 試合前のメンバー表交換。

 敵軍の監督の話にばかり夢中になっていたが、我らが指揮官も今季新就任の三木肇新監督で、もちろんこの日お初にお目にかかった。

 

 

 西武第二ライオンズの先発は、我らがイーグルスの本拠地仙台に縁ありまくりの投手。

 仙台出身で東北学院高、東北学院大とバリバリの仙台っ子、今季4年目の本田圭佑投手

 

 昨年は森投手、一昨年は戸村投手だった、イーグルスの個人的観戦開幕投手は…

 2019シーズンは3年目の池田投手であった。

 プロ初勝利を現地で見届けた縁もあって殊更に応援しているので、今季は則本投手の穴埋めを大いに期待している。

 

 試合は一塁側の内野フェンス沿いに立って見ていたのだが、ちょうど目に前にいたこの方の、久々のクリムゾンレッドのユニフォーム姿にはめちゃくちゃテンションが上がった。

 コーチとしてチームに戻ってきた、元祖杜の都の安打製造機、鉄平コーチ

 ぜひ第二第三の安打製造機を育て上げて頂きたい。

 

 開幕前のこの時期に気になるのは、やはり新戦力

 ルーキー、移籍選手、新外国人と、今季も多くのニューフェイスがチームに加わった。皆それぞれに、チームの再浮上に貢献してほしいと願っている。

 

 出勤前の時限観戦ゆえ、往復2時間かけて行った球場にいられたのは正味20分、1回の表裏のみ。 

 その短い時間の間に、岩見選手のタイムリーで今季初得点を見ることが出来たのは僥倖であった。

 ご贔屓イーグルスの選手たちと、元犬鷲戦士の松井新監督に同時に会えたことで、十分な満足感を得て神田へと舞い戻ることが出来たのだった。

 

 出勤前の時限観戦はいつも後ろ髪を引かれまくって切ないのだが、野球を生で見られる喜びに比べたら、そんなのは小さなこと。

 今季も寸暇を惜しんで、せっせと球場に足を運びたいと思う。

 

 今年も「球場観戦後」という楽しみ方ができるようになった当スタジアムへの皆様のご来場を、引き続き心よりお待ちしております。

ベースボール居酒屋リリーズ神田スタジアム 監督さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ