【2019野球始め ~桃色行脚'19~】 | 監督のささやき戦術

テーマ:

 長く南の方にとどまっていた野球前線が、いよいよ東京に到達した先週末。

 2019シーズンも多数足を運ぶであろう『桃色行脚』の野球観戦の、記念すべき初陣に出掛けてきた昨日の休場日の話をさせて頂く。

 

 

 明け方から冷たい雨となった中、向かった先は雨の心配のないこの球場

 毎度お馴染みのご近所球場、東京ドームである。

 

 『WBC』があった2017年を除いて、関東地方のオープン戦一番乗りは毎年この球場のジャイアンツ主催ゲーム。ゆえに、ほぼ毎年そこで新シーズンのオープン戦始めを迎えており、今年もまたジャイアンツファンクラブからもらった無料招待券を握りしめてやって来た。

 

 皆同じように野球前線の到来を待ちわびていたのであろう。

 試合開始時点でスタンドはもうこの埋まりよう

 この日の入場者数は約37000名。前日と合わせて2試合で約77000名もの野球に飢えたファンが押し寄せたのだった。

 

 東京ドームのオープン戦開幕戦といえば…

 2014年以降はスワローズとの『東京ダービー』がすっかり定番になっており、今季もやはりそうだった。

 

 例年、オープン戦観戦初戦は出勤前の時限観戦が常だったのだが、今年は最後までたっぷり楽しめる休場日の観戦。

 あくまで調整のオープン戦ということもあって、試合展開どうこうよりも、例えば初めましての選手たちや…

 

 心機一転、ユニフォームが変わった選手たち

 ……などなど、新加入選手、移籍選手、開幕に向けてアピールしたい若手選手と、オープン戦らしく多くの選手が見られて、大いに満足できた観戦初戦であった。

 

 結果は13安打と打線好調だったスワローズが、今季東京初勝利を飾る。

 

 ちなみに昨季はジャイアンツ阿部選手だった、「生観戦第1号ホームラン」

 今季はスワローズの山田選手となった。

 これも何かの縁なので、もうトリプルスリーを達成しても誰も驚いてくれない、というとんでもないレベルに到達してしまった山田選手の、今季の更なる活躍を応援したいと思う。

 

 

 こうして、約3か月半ぶりの野球観戦で、「ああ…、やっぱり球場で見る野球が一番楽しい…」という当たり前のことを今年もまたしみじみと実感してきた、昨日の休場日。

 今季も貪欲にあちこちの球場に出没して回りたいと思う。

 

 

 来週くらいから東京ドーム以外の関東近郊の球場でもオープン戦がスタートするが、デイゲーム観戦帰りの打ち上げはぜひ当スタジアムでどうぞ。

 オープン戦期間中も引き続き皆様の当スタジアムへのご来場を心よりお待ちしております。

 

ベースボール居酒屋リリーズ神田スタジアム 監督さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ