【2018回顧録⑱-3 ~球場編・後編~】 | 監督のささやき戦術

テーマ:

 誰にも求められていない、誰もワクワクしないランキング形式で振り返っている、桃色的シーズン回顧録の第18回、球場編

 最終回は、2018年に足を運んだ全24球場のうちの、7位から栄えある(?)1位までを振り返ってゆく。

 ※前編はこちら ※中編はこちら

 

 

◆7位…2回 鎌ヶ谷スタジアム

 二軍球場で唯一複数回足を運んだ、ファイターズタウン鎌ヶ谷スタジアム

 昨年は清宮選手フィーバーに沸いたが、2019シーズンは吉田輝星投手フィーバーが落ち着いた頃に足を運びたいと思う。

 

 

◆5位タイ…3回(2球場)

 

① 楽天生命パーク宮城

 贔屓球団の本拠地ということで、遠方でありながらも例年5~6回は足を運んでいた我が地元仙台の楽天生命パークだが、2018シーズンはわずか3回のみで、前年の3位(6回)からランクダウン

 理由としては、未踏の球場への遠征を優先してスケジュールを立てたから、というのが一番だが、恐ろしいほどの低さを誇ったホーム勝率…、というのも少なからずある気がする。 

 2019シーズンは、毎週でも行きたくなるようなホームでの強さを期待したい。

 

 

② 京セラドーム大阪

 例年は多くても1回だったものが、2018年は開幕前の侍ジャパン真夏の『Bs夏の陣2018』、そしてその翌日の女子プロ野球オールスターと、桃色行脚史上初めて1シーズンに3回も足を運んで5位にランクインした、京セラドーム大阪

 雨天中止の心配がないので、安心して遠征できる球場ゆえ、これからもお世話になるであろう。

 

 

◆4位…4回 ZOZOマリンスタジアム

 試合観戦3回とファン感1回の計4回で4位にランクインしたのは、ZOZOマリンスタジアム

 関東のパリーグ観戦の主戦場のひとつということもあって、毎年だいたいこのくらいの回数でこのくらいの順位に落ち着くこの球場。新席種が誕生する今年は、ぜひそこにチャレンジしてみたい。

 

 

◆3位…5回 メットライフドーム

 もう一つの関東パリーグ観戦主戦場、メットライフドームが5回で3位にランクイン。

 ご贔屓イーグルス観戦よりも、ボブルヘッド付きチケットや配布物欲しさにせっせと足を運んだが、たぶん今年も同じ動機でそこそこ訪れるであろう。

 

 

◆2位…10回 明治神宮野球場

 当スタジアムから地下鉄で1本18分のご近所球場、明治神宮野球場が10回で2位にランクイン。

 スワローズ主催試合はもちろん、女子プロ野球や学生野球などでも訪れるため、例年おのずと来場回数が増えるこの球場。

 実は2017年は9回で第1位だったのだが、2018年は次に出てくる球場が異常に数を伸ばしたため、回数増でもランクダウンとなってしまった。

 

 

◆1位…24回 東京ドーム

 2018シーズン最も足を運んだ球場は、当スタジアムの2駅隣の超ご近所球場東京ドーム。前年の8回から3倍増の24回は、桃色行脚におけるぶっちぎりのシーズン最多記録となった。

 ジャイアンツの主催試合はもとより、パ球団の主催試合、都市対抗野球、『サントリードリームマッチ』のようなイベント試合などなど、様々な野球が開催されるので例年足を運ぶ機会が多いのだが、2018年はいつも以上にモノをもらいに足を運びまくったため、わりととんでもない数になったのだった。

 乗り換えのつなぎがよければドアtoドアで15分もかからないという地の利を生かして、2019年もコンスタントに足を運ぶであろう。

 

 

 以上が、暇なのをいいことに3回にわたって振り返ってきた、2018年に桃色行脚で訪れた全24球場である。

 2018年は新たに9つの球場を新規開拓。これにより、当スタジアム開場からの6シーズンの桃色行脚で訪れた球場は、全部で55球場となった。まだまだ全国各地に山ほどある未踏の球場を求めて、2019シーズンも精力的に西へ東へと足を伸ばしたいと思う。

 

 

 皆様の「シーズン中よく行った球場ランキング」の上位に入りたいと願う当スタジアムへの皆様のご来場を、引き続き心よりお待ちしております。

ベースボール居酒屋リリーズ神田スタジアム 監督さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス