【2018回顧録⑮ ~女子プロ野球編~】 | 監督のささやき戦術

テーマ:

 世間から正月ムードが消え去っても、まだまだしつこく去年の話を続けている「桃色的シーズン回顧録」

 第15回目は、独立リーグ同様「もうひとつのプロ野球」としてすっかり定着してきた、女子プロ野球編をお送りする。

 

 

① 7月16日(月) 埼玉アストライア VS 愛知ディオーネ

(ヴィクトリアシリーズ)

明治神宮野球場

 

○アストライア 8× - 7 ディオーネ●

先発 谷山 - 里

 

天候=晴  P.B.=19:00  試合時間=3:15  観客=4613名

 ここ数年毎年足を運んでいる埼玉アストライアの真夏の神宮主催試合が、今季の女子プロ野球始めとなった。

 うだるような暑さの中で行われた試合は、乱打戦となり延長突入。初めて見た噂の「サヨナランナー」が生還し、延長9回裏にアストライアが見事サヨナラ勝利を飾る。

 7回制の女子プロ野球にあって、3時間15分はたぶん今まで見た中で最長の試合時間となった。

 

 

② 8月13日(月) レジェンドオールスターVS フレッシュオールスター

(女子プロ野球オールスター)

京セラドーム大阪

 

 ○レジェンド 7 - 2 フレッシュ●

先発 小西 - 谷山  

 

天候=晴  P.B.=14:00  試合時間=2:40  観客=6127名

 真夏の関西遠征の第3試合で初めて観戦に訪れた、京セラドームの女子プロ野球オールスターゲーム

 入団年次の新旧という面白い基準で「レジェンドオールスター」「フレッシュオールスター」の2チームに分けられたリーグの中心選手たちの夢の球宴は、プロ歴の長いレジェンドが貫録を見せて大勝

 MVPに輝いたのは、残念ながら今季限りでの引退を決めたアストライアの川端選手であった。

 

 

③ 10月7日(日) 京都フローラ VS 愛知ディオーネ

(女王決定戦第1戦)

川口市営球場

 

 ●フローラ 0 - 7 ディオーネ○

先発 龍田 - 堀田 

 

天候=晴  P.B.=13:00  試合時間=1:57  観客=1878名

 2018年の女子プロ野球納めは、川口で行われた女子プロ野球の日本シリーズにあたる「女王決定戦」

 2戦先勝の超短期決戦の初戦は、リーグ王者のフローラが序盤に大量失点し、挑戦者ディオーネが大勝を飾る。結局翌日の第2戦も勝ったディオーネが、下剋上で2018年の年間女王の座に輝いた模様。

 居住地的に埼玉アストライアの主催試合観戦が圧倒的に多く、京都VS愛知のカードを観戦したのはこれが初であった。

 

 

 以上が2018シーズンに観戦した女子プロ野球の全3試合である。観戦6年目にして初めてオールスターを観戦できたのが、2018年のトピックであった。

 リーグ発足から節目の10年目を迎える今年も、ちょくちょく観戦に足を運びたいと思う。

 

 

 新しい年を迎え、もう振り返りより展望を語らうことのほうが多いかと思うが、いずれにしても野球談議はぜひ当スタジアムでどうぞ。

 野球新年会での皆様の当スタジアムへのご来場を、引き続き心よりお待ちしております。

 

ベースボール居酒屋リリーズ神田スタジアム 監督さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス