【ようこそ新たな犬鷲戦士2018】 | 監督のささやき戦術

テーマ:

 別れがあれば、その分新しい出会いもあるプロ野球。

 前回の「さらば編」でしんみりしてしまったので、今回は新たに我がご贔屓イーグルスの一員となる選手への、期待を込めた「ようこそ編」をお送りする。

 

 

 橋本到選手(ジャイアンツ→金銭トレード)

2017年3月5日 鎌ヶ谷スタジアム

 

 朝井⇔栂野、井野&横河⇔金刃&仲澤、金銭⇔クルーズ、柿澤⇔小山などなど、地味に多いイーグルスとジャイアンツとの間でのトレードが、今オフまた一組成立。

 福沢諭吉選手とのトレードでやって来たのは、チーム的には「ようこそ」だが、仙台の街的には「おかえりなさい」となる、仙台育ちで仙台育英高校出身の橋本到選手

 自慢の俊足と強肩を武器に、慣れ親しんだ杜の都で外野の定位置争いに加わってほしいと願っている。

 

 

 由規投手(スワローズ→自由契約)

2018年4月9日 ヤクルト戸田球場

 

 「ようこそおかえり」といえば、橋本選手の仙台育英高校の1学年上の先輩も、時を同じくして犬鷲軍団の一員に。

 2007年のドラフト時には、中田翔選手、唐川投手とともに「高校BIG3」と称され、5球団競合のドラ1でスワローズに入団した由規投手

 くじを外した4球団に我らがイーグルスも入っており、当時は悔しい思いをしたが、まさかあれから11年も経って、由規投手がクリムゾンレッドのユニフォームにそでを通す日がやってくるとは…。

 地元仙台で「宮城観光タクシー」を経営し、「YOSHINORI 11」タクシーを走らせている由規投手のお父上もさぞやお喜びのことであろう。

 

 怪我の回復をにらみながらということで、育成契約からのスタートとなったが、そう遠くない将来、必ずや楽天生命パークのマウンドに立ってくれると信じている。

 

 

 福井優也投手(カープ→トレード)

2015年6月7日 MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 

 今オフのトレード補強第2弾として、先週菊池投手との交換で我らがイーグルスにやって来たのは、かつて現ファイターズ斎藤佑樹投手、現ライオンズ大石達也投手とともに「早稲田三羽烏」と並び称され、2010年のドラフト1位でカープに入団した福井優也投手。結果、「早稲田三羽烏」は全員パに集合することに。

 

 上掲の写真は、2015年にイーグルスとの交流戦をマツダまで観戦に行った際に、先発投手であった福井投手の姿。

 この年はキャリアハイとなる9勝を挙げた年で、この日も7回3安打1失点で勝利投手となったのを生で見ているので、個人的に良い印象を抱いている。この試合でひそかに達成した「1イニング3暴投」の日本タイ記録は見なかったことにしておく。

 

 広島から仙台、セからパ(ウからイ?)と、激変する環境をプラスの力に変えて、杜の都のマウンドで輝きを取り戻してほしいと願っている。

 

 

 浅村栄斗選手(ライオンズ→FA)

2017年8月13日 ZOZOマリンスタジアム

 

 今オフの補強のゆるぎなき筆頭は、FAの熾烈な争奪戦に勝利して、一員に迎えることに成功したこの右の強打者。ファンも正直獲れるとは思っていなかった、ライオンズの浅村栄斗選手

 今季に限らず、とにかく打たれ続けた印象しかない天敵の主砲が、まさか我らのチームの一員になるなんて…。5年前の犬鷲ファンに「5年後に今江、岸、浅村がいるよ」と言っても、誰一人信じる者はいないであろう

 浅村選手が加わる「2019年型犬鷲打線」が今から楽しみで仕方がない。実績十分の浅村選手には、期待している、ではなくやってくれると確信している。

 

 

 自由契約選手を秋季キャンプでテストして採用、というケースが多かったここ数年が嘘のように、かなり積極的に動いた今オフのイーグルスの編成

 もちろん結果が出るのは来年以降なのだが、やはりこの時期にワクワクできるニュースが多数あるのは、ファンとしては嬉しい限りである。まだまだ長いオフを、ひたすらポジりながら過ごしたいと思う。

 

 

 皆様の贔屓チームにおいても、今オフ様々な別れと出会いがあったであろう。

 惜別と期待を語らいに、オフシーズン中の皆様の当スタジアムへのご来場を心よりお待ちしております。

 

ベースボール居酒屋リリーズ神田スタジアム 監督さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス