二日目からは白山市で開催させていただきました。


前日の様子は コチラ


始まるまでの少しの時間、今回も白山比咩神社に訪れることができました。

つないだ糸をしっかり結ぶ菊理姫さまに、ご縁がつながったことへの感謝を伝えることができてよかったです。

山道を歩く私を、のりこさんが後ろから撮って下さり、虹色の光がとても嬉しい記念写真になりました。


のりこさんとつながったご縁で こうして白山さまに来させていただく事ができる・・・・・

本当にありがたい事です。


のりこさんも今回のことを書いてくださっています。


午後からお集まりくださった皆さんも、地元の白山さんが大好きな方々。

開催させて頂いた場所も、この白山さまの近くで、まるで菊理姫さまの懐に抱かれているような気持ちの良い場所なのを喜んでくださいました。


この日は ステップ2 「知る・表現する」

和の色と創作薫り袋






皆さん、色々試行錯誤しながら最後は「自分を表現」する香りに出会えたようです。
今回も、個性的で可愛い薫り袋ができました。


世界でたったひとつの自分作の薫り袋は、自分の印象を誰かの記憶に残すものとなるかもしれません。






3日目は、龍神さまがそぞろお出まし。

少し荒れた天気の中をお集まりくださった方達でエネルギーの高い場が出来上がりました。




内容は、ステップ1の「体感する・整える」です。

チャクラとカラーと和の香り


すでにお香の調合もしたことがある方もおられましたが、チャクラを一つずつ丁寧に感じながら色と一緒に宇宙とつながる自分を感じることができたと喜んでいただきました。


場によって、煙の立ち方が変わるのを何度も経験していますが、今回はまるでお香が話をしているようでした。


立ちゆく煙の姿だけでなく、色がクルクル変わるのです。

虹色のけむり・・・・・初めて見ました驚き顔


初めて顔を合わせる方々ばかりでしたが、やはり出逢う事を決めてきたというのでしょうか?

帰りに白山比咩神社に寄ると、今回ご参加の皆さんも先に訪れておられ、約束したわけでもないのに同じ場所に揃ったのでした。




白山比咩神社の禊場近くの手水舎では、流れ落ちる水がクルクルとらせんを描いて滴っていました。

過去から未来へ流れゆく時間の中で、出会った人たちとの意識がつながっていることを目の当たりに見たような気がしました。


白山市でも次回は6月に開催します。

私たちが考える 和の色 和の香 は、本来、自分自身がもっているチカラに気づき、それを活かして自分の未来を創造するためのお手伝いができるものと思っています。


私たちを必要としている人の所へ、その思いが届きますように・・・・・。

出会った方々への感謝を込めて、ありがとうございました。





和の色 和の香

色インストラクター 藤田たかえでした


香インストラクターのきたむらのりこさんブログは こちら