復讐する

復讐する

復讐する、復讐したい、復讐するには・・・。そう思うことは少なからずありますよね。このブログは「怨みを晴らす」ことにまつわるお話を書いています。

Amebaでブログを始めよう!

会社で復讐する場合の多くは
ターゲットを退職に追い込んだりしますが
バレた時のリスクもまた大きかったりします

ですので退職覚悟という訳でないならば
復讐屋などに工作を頼んだ方が良いと思います

何かしらのスキャンダルネタがあるなら
それを使って退職に追い込むことは簡単です

しかし自分でそれをやってしまうことにより
会社から危険人物と見なされる可能性が高く
そうなれば自分までクビになるやもしれません

法的にはその手のクビは無効ですが
雇用社会で法が尊守されている場というのも
少数ですからリスクには変わりありません

恋愛において復讐するという場面は
大抵がパートナーと誰かを別れさせる
というケースになってきます

・浮気相手と別れさせたい
・現在の交際相手と別れさせたい
・自分が別れたい

このいずれかになってきますが
結局のところパートナーに対してか
その相手に対してアプローチする以外に
方法というものはありません

親御さんなどの第三者経由のアプローチも
結局は上記にいきつきますので同じです

このような恋愛における復讐というのは
ある程度パターン化されているので
知見のある復讐屋などは対策に強いです

復讐する際に仲間がいた方がスムーズですが
誰でも仲間にすればいいという話でもありません

まずまずもってターゲットと繋がりがあると
計画が漏れてしまう可能性もある訳です

そのようなリスクのない知人が望ましいですね

また自分とあまり仲が良くない場合も
裏切り行為があるとも限りません

人選は慎重に行いながら候補が見つからないなら
復讐屋などの完全な第三者が良いと思います

パートナーの不倫について復讐する際に
両者をターゲットにするなら同時に行動し
証拠隠滅を防ぐ必要があります

ですので発覚したからといって
勢いで訴えるなどはせずに落ち着きましょう

証拠や不倫相手の情報を固めてからでも
充分に復讐は果たせますから冷静さを保ち
暗躍していくことが大切です

復讐するという行為は日本だけの話でなく
海外では更にオープンな行為だったりします

もちろん国々で捉え方は違いますが
日本ほど頭ごなしに復讐=悪となり辛く
双方の経緯を見て復讐する側を支持したりと
ある意味とても公正な考え方もあります

元より復讐=悪というのは間違いですし
多くは恨みをもたせた側が悪いはずですから
法に触れない範囲で復讐をするというのは
否定する要素がないと思います