合宿前半戦終了

テーマ:
 8月22日からの合宿も前半戦を終え、25日に前半の宿つばくら館から後半の宿田沢館に移動しました。前半の練習試合2試合は残念ながら負け試合でしたが、松尾監督の指導のもと短時間で選手達の大きな成長を感じられる数日間になりました。
 春は選手のモチベーションやモラルが高いとはいえず、必ずしもチーム状態はよくありませんでしたが、夏の練習では選手達はモチベーション高く練習に取り組み、やっとチームとしてまとまってきました。
 松尾監督の指導をそばで見ていると、最初から答えを教えるのではなく、「ヒントや考え方をたくさん選手に与えてくれ、それをもとに選手自身が自分たちで考え話し合い答えを出すように環境を整えていく」そんな指導をしてくれているように感じます。
 それともう一つの大きな点は、決して選手が答えを出すことを急がず、「選手が答えを出すのを辛抱強く待つ。」ということです。けっこうこれが難しいことで、私も学生を指導する機会がありますが、選手が自分がイメージするプレーや行動ができないと、ついその場で叱ったり指導することをまず考えます。が、松尾監督は自分の理想とするプレーや行動の方向性を示しながら、選手がそれに向かっていること、努力している過程を大切にして結果を急がない(春にはあまりにもひどくて選手の胸ぐらをつかむこともありましたが)。
 それは松尾監督が、「必ずできる」と選手を信じているからこそ、できる指導なのだと思います。スクールウォーズ世代の私としては、「愛とは、(相手を)信じ、待ち、許してやること。」という有名な台詞を思い出すのですが、選手に対する「愛」が指導を受ける彼らにも感じられ、それが選手の松尾監督に対する信頼感、自分やチームに対する肯定感につながっているように思います。
 今、選手達は春とは比べ物にならないくらい、自分たちの取り組んでいるラグビーに自信をもち、ラグビーに厳しく取り組もうとしています。そして彼らは口々に「ラグビーが、練習が楽しい。」といいます。ここから合宿後半戦。彼らの取り組みが試合で成果として勝利に結びつけられるといいなと思っています。
 公式戦に向け、彼らがこれからますますどんなふうに成長するのか、とても楽しみです。
AD

早朝練習終了!

テーマ:
 8月16~19日の4日間行われた、我がラグビー部では初めての試みである早朝練習が終了しました。
 朝が苦手な選手が多いのではないかと心配していたのですが、始めてみるとちゃんと遅刻をせずに全員が集まり、予想以上に選手達がしっかり練習に集中して参加できているのことにうれしい驚きと発見がありました。早朝練習ということで自ずと早寝早起きになり生活リズムを整え、また練習も個人練習をしても10時にはあがることができるので、1日がとても有効に使えたのではないかと思います。練習もアップも自主的に行いながら、松尾監督指導のもと秋に向けての基礎的なスキルをよいかたちで反復することができていて、とてもよい練習となりました。
 これで8月21日の練習を経て、22日から菅平での夏合宿に入ります。選手の皆さん、ぜひこのよい流れを合宿、秋の公式戦につなげていきましょう!
 
AD

楽しい時間は短い!

テーマ:
 さて、今日で夏のオフも終わり。明日から夏練習に突入です。部員諸君も思い思いのオフを過ごし、「あぁ、もうオフ終わりか。」と今夜はオフ最後の夜の名残を惜しんでいることと思います。明日起きたら、気持ちを切り替えて、本番モード。「さて、これからやってやるぜぇぃ!」という気持ちでグランドにやってきて欲しいなと思います。
 これから合宿に向けて、マネージメントの部分でもやることが増えてきます。マネージャーの3名もよろしくお願いしますね。

 さて夏本番。頑張っていきましょう!
AD