7月14日サンスポに

テーマ:
 7月14日(土)、サンケイスポーツに「駿河台大学ラグビー部に松尾勝博監督就任」のニュースが掲載されました。
 さっそく私も保存版に2部買いました。インターネット版でも掲載されていますが、実際の新聞には写真も掲載されていて、指導中の松尾さん、その脇に野主もちゃっかり写っています。
 紙面にもありましたが、4部のチームに元日本代表クラスの方が指導者に着任するのは異例のケースで、それだけに今後駿河台大学ラグビー部の動向は注目されるでしょうし、選手にも日常から自覚をもって行動して欲しいと思います。

 14日(土)には和歌山県国体代表チームが本学に来て下さり、セブンスの合同練習を行いました。私はチームにお会いできなかったのですが、とてもよい練習ができたようです。和歌山チームの皆さん、遠いところお越しいただきありがとうございました。今度はぜひ学内に宿泊して、合同練習お願いします。

 チームはけが人も多く、15日(日)の城西大学戦がなくなったため、この合同練習で春期の日程をほぼ終えました。これから試験期間に入っていきます。皆さん、しっかり勉強して下さい!
AD

OB戦&納会感謝

テーマ:
 7月7日に恒例のOB戦、春季納会が行われました。
 あいにくの雨天にも関わらず、30名をこえるOB/OG、保護者の皆さんにお集まりいただきました。試合は人数に勝るOBチームがメンバー交代を充分につかい、後半まで元気を失わずに白熱した試合が展開されました。
 なにより、印象に残ったのがOBチームの元気さと、ラグビーを楽しんでいる表情の明るさでした。現役チームは「勝たなければ!」ということもあったのか、どこか元気がなく、反対にOBチームはみんなで声を掛け合い、励まし合いながら、ミスすれば「ドンマイ」と声がかかり、トライをとれば、みんなでハグしあって喜びを分かち合っていました。
 今の現役にも必要なことはこういうことな気がします。つらいことをみんなで共有し励まし合って乗り越え、喜びをみんなで分かち合ってチーム一体となって戦う。
 春はけが人も多く、試合数も多くをこなせずにここまできていますが、これから夏シーズン、合宿、秋の公式戦に向けて、ぜひ今回のOBとの交流で自分たちに必要なラグビーに臨む気持ちの原点みたいなものを感じてくれたらいいなと思います。

 また、納会もとても盛り上がり、現役、OB/OG、保護者、スタッフの一体感のあるとてもよい会になりました。ご参加いただいた皆様に心から感謝申し上げます。
AD