今期初戦

テーマ:
 4月29日に今期の初戦となる駒澤大学戦が行われました。
 結果は41対12で勝利しました。ただ、今期やろうとするアタック、ディフェンスには、まだまだという感じでこれからの課題も明確になった試合でした。

 よかったところとしては、卒業生が抜け、新チームになり、ゲームの中での意志の疎通もこれからですが、それでもよいプレーがあるとみんなで讃え合ったり、ミスをしたメンバーに声をかけたりと、チームをまとめようという気持ちが一人一人に見えて、これからチームとしてよりよくまとまる雰囲気は感じることができました。
 またレフリーにもとてもスムーズにさばいてもらい、違和感のないレフリングでした。
 遠いところ、お越しいただいた駒澤大学ラグビー部の皆さん、レフリー、応援に駆けつけてくれた保護者、後援会、OB/OGの皆さんに心から感謝を申し上げたいと思います。
 ありがとうございました。
AD

4月も下旬

テーマ:
 こんばんは。
 4月も下旬に入り、ゴールデンウィークが間近に迫ってきました。
 本学ラグビー部ではリーグ戦7'sを経て、29日の東京経済大学戦が15人での最初の試合になります。
 年度当初の行事もだいたい終わり、いつもの授業のある日常のリズムになりつつあります。

 ゴールデンウィークには、学内で恒例の合宿を行います。
 チームとしての方向性を確認し、ここから本格的にチーム力を高めていくスタートにできるといいなと思います。OB/OG、保護者、後援会、一般の皆様、練習試合を予定しておりますので、ぜひ応援に要らして下さい。
 また、恒例の保護者懇親会も予定しております。
 久しぶりに保護者の皆さんと歓談できるのを楽しみにしています。
AD

感謝

テーマ:
 すでに監督ブログでも報告がありましたが、3月末日をもって鈴木監督が退任することになりました。
 鈴木監督には7年間チームの指揮をとってもらいました。7年前、前ヘッドコーチの菅原順二氏の縁で監督に就任してもらい、まだ5部だった我が部の意識改革にあたり、5年間で3部昇格という輝かしい実績を得るまでに部を導いてくれました。2011年度は残念ながら4部降格という結果でシーズンを終えることになりましたが、鈴木監督の残してくれたスピリットはこれからも部の基礎として部員達に受け継がれていくものと確信しています。
 
 鈴木監督の人柄、部員を愛する気持ちを表すエピソードはたくさんあるのですが、その中で私が一番彼を表していると思うのが、バースデーケーキのことです。
 鈴木監督は部員の誕生日を全て把握していて、その部員の誕生日に市内のケーキ屋さんでポケットマネーでケーキを購入し、その日の練習終わりにマネージャーから部員にケーキを渡しながら、みんなで誕生日を祝います。「ポケットマネーで、部員のケーキを毎回忘れずに買い、ケーキ屋さんにとりに行き・・・」部員への深い愛がなければできないことだと思います。
 部員の保護者の方からも「大学での一人暮らしで、本人の誕生日も祝ってやれず可哀想に思っていました。このように部の仲間から盛大に祝ってもらっていることを知り、親としてもとてもうれしく思っています。」と御礼を言われたことがあります。
 これはうちのラグビー部が誇る、とても美しい文化だと思いますし、これからもこの文化を守っていきたいと思います。

 部員とともに7年間戦い、ここまでチームを導いてくれた「のり」に心から感謝するとともに、のりの残してくれた「ラグビーや仲間への愛」を基礎に、チーム一丸となって、Lightning Boltsをよりよい部に高めていきたいと思います。ありがとうございました。
AD

入学式

テーマ:
 怒濤のような3月、年度末が過ぎ、いつの間にか今日は入学式を迎えました。
 キャンパスは新入生を迎え、晴れやかな雰囲気に包まれています。思えば「昨年度は震災の影響で、重苦しい静かな年度あけだったなぁ。」と2年ぶりの春のにぎわいを眺めています。
 ラグビー部も新入生を迎え、まずは4月15日のリーグ戦セブンスに向けて練習に励んでいます。
 あ、ラグビー留学で1ヶ月半ニュージーランドのウェリントンに行っていた、今井、高田も戻ってきました。一回りからだつきが大きくなり、頼もしくなって帰って来た彼らを迎え、気持ちも新たに、明るく厳しく頑張ってきたいと思っています。