花粉症も一休み

テーマ:
 2月最後の1日は雨で、車のフロントガラスの花粉もだいぶ洗い流されていました。昨日、一昨日は花粉でえらいことになっていましたが、今日は目、鼻ともに楽でした。
 今朝早く、Hurricanes vs Crusaders の放映があるはずで楽しみにしていたのですが、対戦カードがBulls vs Cheetarsに変更になっており、「?」と思ったら「Christchurch地震の影響によりHurricanes vs Crusaders戦は中止になりました。」とのテロップが。この試合はWellingtonで行われるはずで、鈴木監督も生で観戦できるのを楽しみにしていたはずなので、とても残念ですが、これも致し方ないことですね。
 Super Rugby のHPによると、この試合の再試合は行わず、Hurricanesと Crusadersにそれぞれ勝ち点2ポイントずつ(引き分け時のポイント)が与えられるそうです。

 話かわって。26日(土)は所属する関東大学ラグビー連盟の総会があり、お茶の水の日大歯学部に副務の匠真、(なぜか)会計の勇輝と行ってきました。(主務が風邪でダウンのため)春の練習試合のマッチメイクをするのが第1の目的で、だいぶ試合も組むことができました。(詳細についてはまた改めてお知らせいたします。)
 その中でも、今回は朝鮮大とのマッチメイクが大きな仕事でした。朝鮮大とは昨年5月に朝鮮大にお伺いし、試合後、本場の焼き肉アフターマッチファンクションで大歓迎をしていただき、今年はこちらにお迎えして、朝鮮大に負けないくらいのホスピタリティーでおもてなしするのが、Lightning Boltsのこの春の大きな課題の一つでもあります。
 総会終了後、さっそく朝鮮大ラグビー部の李監督、主務の白君と挨拶をさせていただき、スムーズに日程を決めることができました。その後の雑談で春の練習試合をどんなチームと組んでいるのかうかがったところ、リーグ戦の1部、2部上位のチームや対抗戦の上位チームがほとんどで、3部の我がチームがこれだけ快く試合を組んでもらえるのはとてもありがたいことだなと感じました。
 これもWellingtonでの李監督とうちの鈴木監督の縁があればこそですし、そういう縁を育んでくれるラグビーの素晴らしさを感じました。
 最後に、Wellington にラグビーの勉強に行っている鈴木監督を、李監督がとてもうらやましがっていたことを申し添えておきます。
AD

吐くまで走る!12分間走

テーマ:
 久しぶりに監督鈴木のブログも更新されました。元気でWellington Life を楽しんでいるようで安心しました。
 昨日、24日の練習ではウェイトトレーニングの後、12分間走を2本走りました。私もコンタクト練習などでは選手に吹き飛ばされて脳しんとうを起こすのが関の山ですが、12分間走は一緒にできるので、メンバーに加わり、2本走りました。
 私の今のとりあえずの12分間走の目標は2600m(20歳男性平均)なのですが、本学の「健康・スポーツ実習」ではゴールデンウィーク明けの体力測定で12分間走もあるため、年度内に2800mを突破したいと考えています!

 昨日の結果は、2550mでした。しょぼい。。。体育教員として自分が許せない測定値です。ただより残念なのは、選手で私より測定値の低い選手がけっこういたことです。
 原因としては、走り方(ペース配分:例えば12分間走で3200m走ろうと思ったら、400mトラックを8周するわけだから、1周1分30秒ペースで走ることになるetc)を分かっていないなどもありますが、challengeする気持ちをもてていない選手も少なからずいるようです。もちろん持久走の得意、不得意はあると思いますが、サイズもない、2010年度、3部最下位の我が部にとって、フィットネスは必要不可欠なファクターです。そこを底上げし試合の最終盤に走り勝つ持久力を身につけなければ、上位チームに勝つことは望めません。
 というより、より走れるようになったら、より自分の理想とするプレーができて、試合や練習が楽しくなるはずです!または、より走ることで今よりもシャープな脱いでも人に見せられるたくましい肉体を手に入れられると考えてもいいでしょう!
 動機は不純でもまったく問題ないと思うのですが、ぜひ走る機会をポジティブにとらえてchallengeして欲しいと思います。
 というわけで、次回からも私も選手と一緒にポジティブにchallengeします!吐くまで走ります!当面の目標は2700m越え、そして持久走によるベスト体重(67kg台)への回帰!走れるかっこいい40代を目指しちゃいます!!走る人

 次回の目標は翔太を追い抜かすこと!その次は一樹です!! 気持ちで負けないぜぃ
AD

監督鈴木の無事確認

テーマ:
 一昨日、昨日と学外の仕事で京都の舞鶴にある海上保安学校に行ってきました。海上保安学校の生徒さんは、大学生と同じ年代ですが、礼儀正しく、とても真剣に講義や実技指導を受けていただきました。
 私も同行した講師の方の講義、実技を見ながら多くの発見があったので、ぜひ今後ラグビー部の練習にも活かしていければと思います。
 ただ、舞鶴は遠かったです。新幹線で京都まで行き、そこからタンゴ・ディスカバリーという特急で2時間近く。でも舞鶴湾に面した街はとても静かなたたずまいでゆったりした気分で過ごせましたし、夜、居酒屋でいただいた魚も地酒もとてもおいしかったです。まだまだ日本には自分の知らない素敵なところがたくさんあるのだなと実感しました。

 さて、火曜日のNZ地震発生から2日がたち、クライストチャーチで被災された方の救出活動が続いています。一刻も早く被災された皆さんが救出されることをお祈りいたします。
 
 監督の鈴木が滞在しているウェリントンは問題なく、監督からも地震後無事を知らせるメールが届きました。ウェリントンには現在、本学現代文化学部の「海外スポーツ文化研修」という科目の一環で現地に渡っている、大貫先生、履修学生の眞鍋さんも滞在しており、お二人も元気で過ごしているとの連絡がありました。
 現地ウェリントンにいる当事者のみなさんはたぶん普通に生活しているのだと思いますが、情報がない日本にいるとクライストチャーチとはだいぶ離れているはずだと分かっていても、心配になってしまいます。現に多くのOB、保護者、後援会、関係のみなさんから「ウェリントンは大丈夫なのか?」と問い合わせがありました。

 今回被災された方に語学研修中の学生のみなさんもおり、決して他人事ではないなと思いながらニュースを見ております。重ねて、被災された方が一刻も早く救出されることをお祈りいたします。
AD

鈴木監督から便りが!

テーマ:
 Wellington の鈴木監督から「監督ブログ」であちらでの生活の様子がアップされ始めました。
あちらに発って4~5日、音信不通だったので心配していましたが、元気で、なによりあちらでのRugby Lifeを満喫しているようです。
 しっかり充電し、またラグビーの勉強もして戻ってきてほしいと思います。
 ちなみにipadでの画像のアップロードはまったく分からないので、、、

 そういえば、今朝(日本時間2月22日9:00頃)ニュージーランドの南島、クライストチャーチ近郊で大きな地震があり、被害が出ていてクライストチャーチ空港が閉鎖されているとのことでした。被害が大きくないことをお祈りします。ウェリントンは少し離れているから大丈夫だと思いますが、確かHarricanesの第2戦はCrusadersだったはずだから、その試合に影響がなければいいのですが。

 一昨日の日曜日はグランドが使用できなかったため、大学から桜山展望台を経て、武蔵野音楽大学、仏子駅をまわる1時間ちょっとのロングコースを走りました。
 大学近辺はクロスカントリーもできるような自然に恵まれたランニングコースがたくさんあります。
 入間川沿いに走るのもいいし、山を巡るコースもたくさんあります。今の時期は低い負荷で長い距離を走るのもいいようなので、ぜひいろいろなコースにチャレンジしましょう。

 個人的に私は今日、明日と学外の仕事でチームを離れ、京都の舞鶴に行ってきます。明日は熊崎コーチの指導のもとウェイト、フィットネス、ごしごししごいてもらってください!

Super Rugby in Wellington

テーマ:
昨夜今期のSuper Rugby 開幕戦の放映がありました。
NewZealand Conferenceの開幕戦が、ウェンリントンでもあり、
Hurricanes vs Highlanders戦がJsports で放映されました。
ホームゲームでの開幕戦ということで、Hurricanesの楽勝なのかと思いきや、
Highlandersのブレイクダウンの激しさに圧倒され、前半はリードを許してのハーフタイムとなりました。
でも後半は底力を発揮して逆転するのだろうと思いきや、、、
なんと、こともあろうにNonuが2枚目のイエローカードをもらい、レッドカードの退場。
いやぁ。これでは勝てないですよねぇ。
世界最高峰のアタッキンラグビーを標榜するSuper Rugby にあるまじきロースコアの9対14、、、

でも、次こそはHurricanesやってくれるはずです!
なお、私の期待していた観客席の鈴木一家は私の見ていた範囲では映らなかった模様です。

super15開幕

テーマ:
お早うございます。
 2月16日に鈴木監督がニュージーランド、ウェリントンに出発し、Lightning Boltsは1ヶ月の学生中心での練習期間に入りました。16、17日の第1クールを終えましたが、まだまだ甘いところも多々ありますが、坂爪キャプテンを中心に学生でまとまって盛り上げて練習をやっていこうという気持ちは見られた2日間だったと思います。
 さて、今日18日(金)からニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ3カ国、15チームによるスーパー15が開幕です。
 鈴木監督が行っているウェリントンでも、ハリケーンズ対ハイランダーズ戦が行われます。開幕戦のホームゲームということで現地は多いに盛り上がるのではないでしょうか。
 鈴木監督もスタジアムで観戦するとのことで、生であの興奮を味わえるなんて、うらやましい限りです。
私はJsports-plusのHV放送で、夜中に観戦します。
 試合内容はもちろんですがプレーの合間に観客席の鈴木一家が映るか、そこにも注目して観戦したいと思います!
皆様
 あけましておめでとうございます。
 12月30日のブログで、「2011年のブログは最低週1ペースで更新します」と宣言しながら、1ヶ月半がたってしまいました。
 今年もLightning Boltsをよろしくお願いします。
 
 さて、わがLightning Boltsは先週2月7日から2011年度シーズンをスタートさせました。
 今年の我が部のKeywordは「CHALLENGE」です。
 昨年度の3部最下位の悔しさを日々忘れず、1回、1回の練習、プレーに自分のベストを尽くしてチャレンジする。
 結果ではなく、試合やシーズンに至るまでの過程(プロセス)にこだわれるかどうかが大切であると個人的には考えています。

 2月16日から鈴木監督がニュージーランドのウェリントンにコーチング留学にたちます。
 約1カ月ちょっと監督のいない中での練習をいかに学生を中心に緊張感をもって行うことができるか。今年のわがチームにとって今期を占う重要な1ヶ月になると思います。
 これをチームが団結する好機ととらえ、選手みんなが責任感とプライドをもち、1人1人がチャレンジする1ヶ月になって欲しいと思っています。
 
 監督のウェリントン日記はLightning Bolts HPの監督ブログで更新してくれるものと思いますので、そちらもぜひご覧ください。