トレーナーズレポート Vol.1

テーマ:
桜美林戦、お疲れ様です。暑かったですね。。
せっかくのスタッフブログ、これからは私も更新していこうと思います。

トレーナーの、ここでは"K"としておきましょう。
私からはトレーナーからの情報発信として、トレーナーズレポート(タイトル募集中!!)を更新していきたいと思います。

不定期になるかどうかは、皆のブログチェック状況によります!!




第1回目の今日はアイシングについて


先日にある選手(名誉のために名前は伏せますが。。)にアイシングを指示したところ、

『今まで、そんなことしたことない』


私にとっては、驚愕の返事でした。
覚えてください、知ってください。テストしますよ。



適応:

ラグビーでたびたび起きる打撲や捻挫。
痛いだけでは無く、腫れたり内出血したりしますね。

いわゆる"炎症"とよばれる症状です。

主に腫れや熱感、痛みなどが現れます。
練習・試合にてこんな状態が起きていたら、基本的にアイシングをしてください。


炎症は初期対応が重要です!!

明日はオフだからと言って練習後にアイシングをせずに、
パンパンに腫れあがった状態で私のところにもってこないように!



方法:

RICE処置と呼ばれる方法が一般的です。

R(rest:安静)
I(ice:冷却)
C(compression:圧迫)
E(elevation:挙上)


氷を患部に乗せるだけではなく、ラップなどでしっかりと圧迫をかけることも重要です!
心臓より高く挙上させることができれば、よりgoodです。

チームにはアイシング用のビニール袋とラップがありますが、
氷のうとバンテージは自分用を持っていてもいいかもしれません。



時間は20~45分なんて言われています。
約20分と言われることが一般的かと思いますが、大きな部位ではそれ以上必要になってきます。

冷たいからと2,3分で氷を離したら、意味ないですよ!


応用編としては交代浴やクライオストレッチなどがありますが、これはまたの機会に…



注意点:

長時間のアイシングなどは凍傷の危険があります。

①家庭用の氷には少し水を混ぜましょう。
②アイシングをしながら"寝ない"こと


ちなみに、"コールドスプレー"は冷たいですが、アイシングとしての効果は低いです。
コールドスプレーで何かが解決したとは思わないように!!




以上、アイシングについてでした。
もう少し詳しい話を知りたければ、いつでもどうぞ。

それではまた水曜日に


"K"
AD

大人の冒険

テーマ:
 Lightning Bolts の後援会長、村里泰由さんが、現在「村里縦断」ということで、徒歩による日本縦断の旅を続けています。5月23日に飯能を出発し、6月17日の「村里レポート」では岩手県花巻市あたりにおられるとのこと。500kmを歩かれたようです。この先、北海道の稚内を目指し北を究めた後、沖縄に移動してそこから飯能に戻られるというルートだそうです。
 59歳での挑戦もすごいと思うのですが、私がすごいと思うのは、何年も前から今回のことを計画し、それに向けてご自身のお仕事をこなし、整理され、三協建設の社長職を社の方にお譲りになって旅に出られ、そして旅もHPなどでしっかりとご自身の足跡を発信されながら続けておられるという『大人の仕事、大人の冒険』ぶりです。

 私も結婚する前、海外を1人で自転車で旅するのを趣味にしていましたが、ほとんど行き当たりばったり。オーストラリア、東南アジア、インド、メキシコ、台湾、そして今サッカーのWカップが開催されている南アフリカも走りましたが、2ヶ月前くらいに「今度はどこにしようか」と世界地図をみながら考え、「ハタ」と思いついた国の情報を仕入れながら衝動買いのように航空券を買い、現地でも、とにかく体力・気力の続くところ(街)まで自転車をこぐという旅でした。
 旅の中で記録をつけるのも、一日の旅を終え、身体的に疲れた後で日記を書く、メモをとるというのはとてもしんどい作業です。私の手元に残っているのは、小さなノートに走り書きのようにその日の行程などを書いたメモと
どこの国に行くにも愛用し、ルートを書き込んでいた「NELLES MAPS」の束だけなのですが、村里さんはほぼリアルタイムで旅の行程をHPに更新され、写真などもまじえて旅の様子が克明に追えるようになっています。

村里縦断 (ぜひ一度ご覧になってください。)


 『責任ある大人の冒険』
 そんな言葉を思い浮かべました。

 後援会長をしていただいているご縁で、Lightning Bolts からチームジャージを贈呈し、旅の中でもとても愛用していただいています。東北テレビ、東北ラジオからの取材を受け、メディア出演されているのですが、その番組の中でもジャージのことがとりあげられていました。
 背中に年齢の「59」の背番号と上部に「村里縦断」のロゴが入っています。
ちなみにこれはLightining Bolts鈴木監督のアイディアです。
 このジャージが少しでも村里さんの力になれればいいなと祈っております。
 
 Lightning Bolts は村里縦断を応援しています!
AD