こんにちは!

ワーキングマザー整理収納アドバイザー 

akikoです。
 


「忙しい働くママ」でも

すっきり&おしゃれな部屋が続く

 

収納・家事・インテリアの

アイデアを発信しています。

 

 

初めましての方は、自己紹介がわりにこちらをどうぞ♪

「片付けられないワーママ」が汚部屋を脱出するまで

パパが単身赴任〜苦難のワンオペ育児から「時短家事ママ」誕生まで

 

 

 

昨日は次男の誕生日でした。

 

事前に誕生日プレゼントは

渡していたものの、

 

誕生日当日にも何か欲しいと

ごねまくられゲロー

 

仕方ないので以前からいつか

買ってあげようかなと思っていた

最近大好きなウルトラマンの

怪獣百科の本をあげました。

(甘い母・・・w)

 

とはいえ事前にネットで注文する

時間的余裕がなかったので、

 

お迎え前のわずかな時間に

ダッシュで本屋に駆け込んで

なんとかゲット(^^;

 

母業っていろいろ大変。。。と

思った誕生日でしたチーン

 

 

 

さて、ここから本題へ。

 

先週末、「収納王子」として

テレビでも活躍中の

コジマジックさんのセミナーに

行ってきました!

 

さすが芸人さんだけあって、

軽快なトークに会場は

盛り上がっていました(笑)

 

コジマジックさんといえば、

タレント活動だけでなく

日本収納検定協会の理事でもある

収納のプロ中のプロ。

 

特に「収育」といって

子供のお片付けの教育に

力を入れているそう。

 

 

(セミナー終了間際の1コマ。撮影OKでした)

 

 

そんなコジマジックさんが

セミナーでおっしゃっていたのは、

 

 

子供の片付け力に影響するのは、

遺伝でも血液型でもなく

 

「環境」

 

です!

 

 

ということ。

 

 

子供にどれだけ

「片付けなさい!」と言っても、

 

片付けができる環境が

整っていなければ片付けられません。

 

それは私も自分の家での経験に

照らし合わせてみても、

たしかに!と感じました。

 

 

・・・ということで

前置きが長くなりましたが(汗)

 

 

本日の記事では、

 

「片付けなさい!」と

子供に怒らなくてすむ

「環境づくり」3つのポイント

 

というテーマで、

 

私が自分の家での

経験を基に感じた、

 

子供が片付けやすい

「環境づくり」のポイントについて

ご紹介したいと思います!

 

 

■ポイント1:子供が管理できるモノの量に絞る

 

 

まず、1つ目のポイントは

 

子供が管理できる

モノの量に絞る

 

ということです。

 

 

子供は大人よりもずっと

管理できるモノの量は

少ないです。

 

そのため、モノが溢れた収納では

「片付けなさい!」といっても

なかなか難しいですよねえーん

 

 

上の写真は以前の我が家の

おもちゃ収納ですが、

 

モノの量が多すぎてなかなか

子供だけでは片付けが

できない状態でした。。。チーン

 

 

 

こちらがモノを減らした

今の状態。

 

このくらいまで量が減れば

子供たちも片付けが

しやすくなります♪

 

 

■ポイント2:子供のスペースには大人のモノは置かない

 

 

2つ目のポイントは、

 

子供のスペースには

大人のモノは置かない

 

ということです。

 

 

こちらもモノの量にも

繋がる話ですが、

 

子供がお片付けするときに

大人のモノが混在していると、

ごちゃごちゃしすぎて

片付けしづらくなってしまいますえーん

 

上の写真は我が家の以前の

子供部屋クローゼットの状態ですが、

 

空いたスペースに紙袋や

自分の趣味の北欧生地などを

無理やり詰め込んでしまっていて、

ごちゃごちゃな状態でした・・・。

 

(コジマジックさんのセミナーでも、

「女性は5cmの隙間を見つけると

すぐ紙袋を詰め込みたがる!」と

あるある話をされていました・笑)

 

 

 

今は子供部屋のクローゼットには

子供のモノだけを収納。

 

すっきりしたことで

子供が自分で支度ができたり、

 

畳んだ洋服を片付けて!と

お願いした時にも

スムーズに仕舞うことが

できるようになりました(^^)

 

 

■ポイント3:モノの「住所」を決める

 

 

そして3つ目のポイントは

 

モノの「住所」を決める

 

ということです。

 

 

これもお片付けの講座などで

よく聞く話ですが、

 

お片付けというのは

 

「出したモノを元の場所に戻す」

 

ということなんですよね。

 

 

ということは、ちゃんと戻すための

モノの住所が決まっていないと

子供は戻せないですよね(>_<)

 

子供がよく使うおもちゃや文具、

学用品類にちゃんと住所が

決まっているか?

 

ぜひ見直してみてくださいね(^^)

 

 

 

以上、子供に「片付けなさい!」と

ガミガミ怒らなくてもすむ、

 

「環境づくり」のポイントの

ご紹介でした!

 

 

コジマジックさんもセミナーで、

 

「片付けは一生やっていかないと

 いけないことにも関わらず、

 

 学校で教えてくれるのは

 教科書でたった2ページくらい。

 

 だから親がちゃんと片付けられる

 環境を作ってあげないと」

 

とおっしゃっていました。

 

 

子供のお片付けは年齢と共に

いろいろ変えていかないと

いけないことも多いですが、

 

その時に合わせて自分でできる力を

身につけられるような

環境のプレゼントをしてあげたいな〜と

思う母でした(^^)

 

 

ブロガーさんの「環境づくり」の

アイデアもとても参考になります!

 

にほんブログ村テーマ 我が家のキッズスペース収納♪へ
我が家のキッズスペース収納♪ 

 

にほんブログ村テーマ こども の おかたづけへ
こども の おかたづけ 

 

にほんブログ村テーマ 片付け×子供へ
片付け×子供 

 

にほんブログ村テーマ * 子供のおもちゃ&雑貨 *へ
* 子供のおもちゃ&雑貨 * 

 

にほんブログ村テーマ 子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)へ
子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

 

にほんブログ村テーマ WEB内覧会*子供部屋へ
WEB内覧会*子供部屋

 

 

----------------------
インスタグラムはこちら。
お気軽にフォローしてください♪
Instagram
----------------------

 

 

 

ランキングに参加しています。

 

いつもたくさんの応援クリック

本当にありがとうございます! 
 


更新の励みになっています。

ぜひ「見たよ~」のクリックを

下の2つのバナーにいただけると嬉しいです!

 

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村