平成最後のお正月

皆様どのようにお過ごしでしょうか

ライフアップサポートも平成18年に結成してから丸13年を迎えようとしています。

平成21年にお弁当屋さんを本格的にはじめてから平成27年まで、毎年ちいさな手作りおせちを作ってましたが、この4年間はお休みさせていただいています。

今年は代表富田が、気になる方数名におせちを作って届けました

もともとこれが原点だったのです。

まだライフアップサポートを立ち上げる前、担当していた認知症の方が、お正月も仕事の息子さんとの二人暮らしだったので、家で作ったおせちを小さな箱に詰めて届けました。

お正月でも一人で過ごす人もいるのです。

その気持ちでそういった人達におせちが届けられたらいいなと思い、お弁当屋さんを始めた時におせちを始めました。けれども事業の一環として行うのは、なかなかたいへんなことです利益はなくても赤字では困るし、ある程度の数はなくてはばらないし。

でも多くの方々に協力していただき、なんとか続けてきました。でも先頭きって頑張った富田が少し疲れてしまいましたので、おやすみをさせていただくことにし、四年の月日が立ってしまいました。

そして今年は富田が気になるほんの少しの方にお届けしてみました。

福祉の仕事だって働く人にも生活があるし、事業となれば利益も必要です。働く人もボランティア意識ばかりではやっていけません。ジレンマです。私は福祉の気持ちを持って仕事をしてほしいと思いますが、どうやら福祉もビジネスになり、福祉の心などどこへ?

という会社や人が増えてきているような気がします

もちろんビジネス感覚は必要だし、事業が成り立つことも必要です。わかるけれどもなんだか割り切れない気持ちがもやもやです。

ビジネスのなかもやさしさや弱い人を応援する気持ちを大切にしたいのです。

お歳暮や御年賀は不要ではないですか?

なんか違う  でも仕方ありません。私は私でやっていきたい今年です。

 

昨年暮れ 兵庫県に住む友人から丹波の黒豆をいただきました。黒豆はどうも上手に煮られないのですが、煮てみました。