最近、いよいよ

経済崩壊が本格的に始まりました。

 

私の視点からみた

今の経済崩壊の意味の一つとして、

 

男性の中の女性性を解放する

ということがあります。

 

今の時代の流れとして

女性性の時代への移行

ということが前提にありますが

 

このことについては、

以前から書いてきました。

女性性の時代とは?

 

 

これまでの数年間、女性の間では

女性性の解放がブームになっていて

 

女性が満たされること

自分を大切にすること

喜びの中でビジネスをすること

などの重要性が

注目されるようになりました。

 

 

一方で、男性に関してはまだまだ

 

男性が稼いでくれて、

私は自由にしたいのラブラブ

という女性も多くて、

 

男性はしっかりと働いて稼いでいるべき

みたいな傾向があったと思います。

ハイスペック男子、貢がれ女子という言葉も。

 

それでも、

男性の中にも女性性があって

 

そもそも、

今の経済システムを築いたのは

ほとんど男性であり

 

さらに、

《女性性が抑圧された状態》

によって築き上げられた

バランスの悪い経済システムです。

 

一部の男性を除いて

その社会システムの中で

評価され、働くということが

 

多くの男性達にとって

我慢をする

=女性性を抑圧する

ということになっていました。

 

例えば、不倫などは、

 

妻を養う義務

社会での責任

などによって

がんじがらめになった男性が

 

普段の生活の中で抑圧された女性性を

 不倫という行為を通して

 

《今、この瞬間を楽しむ》

という女性性エネルギー

を解放したい

 

という魂の欲求の現れ

であることが多くあります。

 

《女性の中の女性性》

が解放されてくると

次はいよいよ男性の番。

 

《男性の中の女性性》も

我慢の限界を迎えています。

 

今の経済・社会ルールの中で生きる

ということ自体が

女性性の抑圧になってしまうのなら

 

それを一旦破壊することでしか

創造のエネルギー=女性性

を解放することができないのです。

 

 

また、女性も男性も

どちらも統合されていかなければ

統合された社会をつくることはできません。

 

いよいよ、崩壊というプロセスを経て

統合された社会システムを

再構築していく必要があるんですよね。

 

一時的に

日本を含む世界が

大変な状況にはなりますが

 

破壊の後には

必ず創造がありますので

 

これからどう生きて、

どんな社会をつくっていくのか

というところにフォーカスすることが

大切だと思いますウインクキラキラ

 

 

 

 

ダイヤモンドSNSダイヤモンド

 

ライン登録はこちらから↓
(お知らせや重要な情報などをお届けしますラブラブ

 

 

近況は、instagramにのせてますニコニコ