先月、またひとつ

“秋分”という大きな節目を迎えました。

 

ここから冬至に向けて、

それぞれの変容が加速していきそうです。

 

私としては、

 

外側の現象に一喜一憂する

生き方を続けるのか

 

自分自身の内側と繋がり

創造的な生き方へとシフトしていくのか

 

改めて、在り方の選択が

問われているなと感じます。

 

そのため、

これまでの人間関係、お金など

あらゆるものへの執着が浮上したり、

削ぎ落とされるような出来事が

起こっている方も多いと思います。

 

秋分は、前の週から

八ヶ岳にいたのですが、

 

秋分の前日〜当日は

長野県の大鹿村という場所へ

行ってきました。

 

大鹿村については次の記事で。

 

そこで、

 

『求めよ、さらば与えられん。』

 

というメッセージが降りてきました。

 

これは聖書の言葉で、

一般的には「神に求めれば、与えられる」

という意味だと思うのですが

神に求める=「神に委ね、何も求めない」

という意味だそう。

 

私が受け取ったのは

 

神=本質、愛、自分自神。

であり、

 

本質につながれば

すべてが与えられる

 

ということ。

 

つまり

 

外側に求めず

自分自神に求めよ、

ということなのです。

 

これは、

 

内なる声(=神の声)に耳に傾け、

それに委ねる生き方

 

ということになります。

 

そうすると、なぜ

すべてが与えられるのか?

 

自分の内側は、

すべてと繋がっているからです。

 

内なる声=世界が望むこと

なので、すべてと調和していきます。

 

これからの時代、

いかに無限の意識

自分の内側にある神性

に気付けるか、だと思うのです。

 

image

 

そんな感じで、

どのような在り方を選択するかで

これから体験する世界は

大きく分かれていくことになりそうです。

 

ではまたラブラブ

 

 

 

ダイヤモンド祐奈が運営するサイトダイヤモンド

 

ダイヤモンド祐奈の愛用品をチェックダイヤモンド

 

ダイヤモンド募集中のサービスダイヤモンド

 

まもなく

リーディングレター

個人セッション

各種セミナー

の募集を開始を開始しますやしの木

しばらくお待ちくださいキラキラ