小さき勇者たち ~ガメラ~ | 映画の生活

映画の生活

このブログは、自分で映画を観た時に、勝手に評論しますので。

どうか、気にしないで見てください。


テーマ:


 

今回の作品は、「小さき勇者たち ~ガメラ~」です。


ジャンルは、特撮/SF


シリーズの全体の第10作 


監督は、田崎竜太監督さんです。


出演は、
  富岡涼、夏帆、津田寛治、
  寺島進、奥貫薫、石丸謙二郎、
   田口トモロヲ、石川眞吾、成田翔吾、
    渡辺哲、正名僕蔵、小林恵、
     南方英二、諏訪太朗、江口のりこ、 
      弓削智久、安部まみこ、他です。
 
登場怪獣は、ガメラ/ジーダス


この作品の平均的な評価は、
5点満点中で3.5点でした。(俺が調べで!!)


キャッチコピーは、


ガメラは少年のために。少年はガメラのために。


 人気怪獣キャラクター“ガメラ”を
     新たな視点から描いた冒険ファンタジー。


あらすじ:
美しい海辺が広がる伊勢志摩。
交通事故で母親を亡くしたばかりの少年、相沢透。
ある日彼は、海岸で不思議な卵を拾う。
やがてその卵から小さなカメが誕生した。
透はそのカメを“トト”と名付け、
父親に内緒で飼い始める。
ところがカメだと思ったその生き物は驚くべき
速さで成長し、
やがて火を噴き、空を飛ぶようになるのだった。
そんな中、街には凶暴な巨大生物が出現、
人々を恐怖に陥れていた…。
 


製作年度:2006年 上映時間:96分 NO,246


おまけの企画!!
作品の中で、ガメラが破壊した建物や場所


名古屋


(ただ、俺が観て、分かった所です。)


ココから、俺なりの作品について、


俺が観た感じのジャンルは、SF特撮


俺が評価するとして、5点満点中で。
そこそこの作品なので。3.3点ぐらいの映画です。


イメージする言葉は!?  
「怪獣映画」「子供」「子供のガメラ」


作品について、(コメント!?)


このガメラシリーズは、
ある程度の作品は、観た事あるけど!!


改めて、
シリーズ全部を観て見たいと思いました。(俺は!!)


その度に、コメントしますので、よろしくお願いします。   


この作品は、初めて観る作品です。(俺は!!)


作品の方は、
ちょっと中途半端な怪獣映画でした。


まあ、
平成に入ってから3作品は、そこそこ迫力も有って、
観ごたい有るガメラだと思っていたけど!?


この作品は、
何か中途半端的な作風に感じ取れました。(俺は!!)


調べて見ると
泣ける怪獣映画というまったく
新しいコンセプトと書いて有ったけど!!
ちょっと疑問を感じる作風です。


作品としては、
今回のガメラは、子供たちが活躍する話です。
まあその分、子供向けに作られてはいますが
もうちょっと何となく出来なかったのかな!?


まあ、この路線で行くなら
それなりにちょっと手を変えた方がいいと思うけど!?


ただ、
子供のガメラが何と無くミニラを意識している
感じがしましたね!! (俺は!!)



これでガメラシリーズは、終りです。
また、観る機会が有ったら観て見たいです。


もし、他にコメント有りましたら、コメントください。


これからも、映画を観た時は、コメント書きますので。
その時は、よろしくおねがいします。 . . . .


気になるニュース!!


良いネタがありません。(ごめんなさい!!)ペコリ


フロンターレのある街の
     今の天気!!(mf*)PM11時40分ごろ!?


明日は、何の日!! 10月4日(都市景観の日)


建設省(現在の国土交通省)等が1990(平成2)年に制定。


「と(10)しび(4日)」(都市美)の語呂合せ。


都市景観に対する意識を高める日。



(都市景観の日)

yasuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス