11月9日、10日は東京!「ビンビンセミナー」&「ホリスティック医学シンポジウム」 | シンガーソングランナー杉浦貴之 命はやわじゃない!  ~がん、余命半年、生存率0%から20年の軌跡~
新型コロナウイルスに関する情報について

シンガーソングランナー杉浦貴之 命はやわじゃない!  ~がん、余命半年、生存率0%から20年の軌跡~

命はやわじゃない! ガン、余命半年から20年の軌跡~ 歌って走るシンガーソングランナー&『メッセンジャー』編集長・杉浦貴之

生存率0%からの生還!元気になるコツ、輝いて生きるコツ伝えます。取材で出会ったサバイバーの余命宣告、末期がんから生還の軌跡。

11月9日、10日は東京です!ぜひぜひお会いしましょう~!

 

① 11月9日(土)東京・杉浦貴之3時間セミナー「治る力は自分の中にある ~がん克服者の共通項~」in健康古民家かのう

 

② 11月10日(日)東京・ホリスティック医学シンポジウム2019「Reborn(リボーン)~本来の自分によみがえる」

 

==========================

 

11月9日(土) 東京・杉浦貴之3時間セミナー

 

「治る力は自分の中にある ~がん克服者の共通項~」in健康古民家かのう

 

通常のトーク&ライブでは伝えきれないことを伝えます。

 

「夢が叶った」「調子がすこぶるいい!」「この日が私のターニングポイントだった」そんな声をたくさんいただいています。

 

自然治癒力を高める心の持ち方!病を乗り越えるメンタル!

 

がん余命宣告から20年。今は、病気になる前より、元気で幸せになりました。ここまでの20年間の道のりを伝えます。

 

命のマガジン『メッセンジャー』を創刊して14年!取材で出会った250人以上のがんサバイバーに共通すること。対談した医師たちから学んだことは?

 

人間の無限の可能性を引き出す方法、夢を叶える習慣、自然治癒力を高める方法を惜しみなく、トークと歌で伝えます。感動と納得のライブセミナー!

 

対象は、がん患者さん、経験者に限定しておりません。ビビッと感じた方、今の自分に必要と感じた方、どなたでもご参加いただけます。よろしくお願いします。

 

治る力は、治る鍵は自分の中にあります。セミナーでは数曲歌も披露、お話会では語り合いましょう。

 

※参加申込みは「こくちーずプロ」よりお願い申し上げます。

https://www.kokuchpro.com/event/5180a2c23639cf66a51118949cda6aa7/

 

2019年11月9日(土)13時〜16時(開場:12時30分 懇親会:16時30分〜18時)

 

参加費:お一人5,000円(懇親会:お一人2,000円)

 

定員:20名様

 

お問合せ・ご予約  ホームページ「健康古民家かのう」 http://www.kenko-kanoh.com

 

電話:03-3941-4303(谷口和彦) 東京都文京区千石3-28-5(JR巣鴨駅より徒歩8分)

 

 

========================

 

11月10日(日)東京都・ホリスティック医学協会シンポジウム

 

東京(2019年11月10日)ホリスティック医学シンポジウム2019「Reborn(リボーン)~本来の自分によみがえる」

 

私たちは生涯を通じて生老病死を体験します。 病気は「身体や心に不都合や不調を生じた状態」といえますが、それは単に偶然起こった「不快」「不調」なのでしょうか?

 

クリスティン・ペイジ医師は「多くの場合、病気や症状はすべてよくなろうとする内なる意思の表れ」だといいます。その内なる声を聴き、生き方を転換していくことを、船戸医師は「Reborn(リボーン)」と呼びます。

 

これは従来の健康観、病気観を越えた、これからの生き方に大きな変革をもたらす考え方です。

シンポジウムでは、3 人の医師と余命宣告を乗り越えた体験者が、その「変容の鍵」を語ります。

 

——–<プログラム>————————

 

■11:00~12:00 「ナイス・エイジングに如くは無し」

 

すべての病は“老化”という大河の中にある。がんも例外ではない。楽しく小気味好く抵抗しながら一日でも長く良質の生を手にすることだ。要はアンチ・エイジングではなく、ナイス・エイジングなのだ。

 

【講師】帯津 良一 (おびつ りょういち)

 

■13:00~13:50 「がんの言い分」

 

死因の1位であり怖い病気の代表ががんでしょう。だから、だれもががんを恐れ、避けようとします。しかしがんは生き活きと訴えています。「今のままでは時間がないよ。今の生き方を転換して、本来の自分を蘇らせなさい」。がんに克つためには西洋医学の3大療法は有意義ですが、それだけでは不十分。がん出現の理由、がんの言い分を如何にしっかり聴けるかにかかっています。聴けば聴くほど、がんから離れ本来の自分が蘇るのです(Reborn)。

 

【講師】船戸 崇史 (ふなと たかし)

 

■13:50~14:50 「患者さんの本質を治療するということ」

 

私たち医療従事者は、どうすれば聖域を作って真の変容の癒しを起きる場を提供することができるでしょう? 誠実な心と私たち自身の内なる癒しにフォーカスしようとする気持があれば、私たちは過去の経験や学術的知識や直感や慈愛の叡智を適用して常識的な信念から抜け出し、多次元レベルの自己として患者さんやクライアントさんを見ることができます。

 

【講師】クリスティン・ペイジ

 

■15:10~16:00 「命はそんなにやわじゃない~がん余命半年から20年を迎えて」

 

腎臓の希少がん、余命「早くて半年。2年後の生存率0%」から20年経過しました。今は、病気になる前より、元気で幸せになりました。ここまでの20年間で、たくさんの出会いから教えていただいた、自然治癒力を高める心の持ち方、習慣などをお伝えします。

 

【講師】杉浦 貴之(すぎうら たかゆき)

 

■16:10~17:00 パネルディスカッション

 

【パネリスト】船戸崇史、クリスティン・ペイジ、杉浦貴之

 

パネル進行:降矢英成(日本ホリスティック医学協会会長)

 

17:00 閉会

 

【総合司会】 久保田 泉(日本ホリスティック医学協会理事)

 

※タイムスケジュールは事情により一部変更になる場合もありますのでご了承下さい。

 

【お申込み】

http://www.holistic-medicine.or.jp/2019

 

東京(2019年11月10日)ホリスティック医学シンポジウム2019「Reborn(リボーン)~本来の自分によみがえる」

 

2019年 11月 10日(日)

11:00~17:00(開場10:40)

10:10より会員総会を行います。

(非会員の方は開場時間までご入場いただけませんのでご了承下さい)

 

全電通労働会館

東京都千代田区神田駿河台3-6  TEL. 03-3219-2211 map

・JR「御茶ノ水」駅(聖橋口徒歩4分) ・千代田線「新御茶ノ水」駅(B3出口 徒歩2分)

・丸ノ内線「淡路町」駅(A5出口 徒歩3分)・新宿線「小川町」駅(A7出口 徒歩3分)

 

前売券 会員 4,000円 / 一般 5,500円 (全席自由席)

会員=日本ホリスティック医学協会、後援団体(日本メディカルハーブ協会)所属

 

【問合せ先】:本部事務局 TEL 03-3341-3418 (月~金10:00~18:00)

 

NPO法人 日本ホリスティック医学協会 本部

 

後援 : NPO法人 日本メディカルハーブ協会

協賛 : 株式会社 FSX / GREEN GRASS(タオアシス)

 

 

杉浦貴之(すぎうら たかゆき)

1971年愛知県生まれ、岡崎市在住。1999年、28歳にして希少がん宣告。「早くて半年、2年後の生存率0%」。左腎摘出手術後、化学療法2クール。2005年1月、がん克服者や命と向き合っている人の思いを載せた命のマガジン「メッセンジャー」を創刊。同年12月、ホノルルマラソン出場、2010~2018年、がん患者、家族、サポーターたちとともにホノルルマラソン主宰。 「誰も知らない泣ける歌」「奇跡体験!アンビリバボー」などにも出演。トーク&ライブ、学校での講演と全国を駆けまわっている。2011年12月『命はそんなにやわじゃない』(かんき出版)を出版。http://www.taka-messenger.com/