幸せ結婚生活の裏の顔

あの過去があるから今の私がある。
今の私と昔の恋愛を追想しながらのヒトリゴト。
どんな過去を送ったかで女は変わる。


テーマ:

人生の中で、自分から男性に声なんて掛けた事なかったけど、

BARに彼がいた瞬間絶対に声を掛けようと思った。

 

 

まず、女友達とカウンターへ。

どうやって声を掛けようかと悩んでいると

 

 

なんと、彼が私の横に来た。

 

 

”この間会ったよね” とかそんな感じだったかな、

声を掛けてきた。

 

 

それだけで、自分の頬が染まるのが分かった。

 

 

その後は何を話したか気が付いていない。

かなり長い事お互い話してた。

 

覚えているのは、極度の緊張と

彼とまた出会えた喜びで興奮していた事だけ。

 

 

 

で、気が付いたら

どちらからとなくキスしてた。

 

 

 

BARで会ったばかりの男とキスなんて・・・・

以前は、馬鹿にしてたけど

 

自分がそうなってみると、周り何て見えなくなっちゃうのね。

 

 

でも、初めて会った男とBARでキスしたのは

彼が最初で最後だったけど。

 

 

 

番号をお互い交換して、その夜は別れたけど

キスを思い出すたびに、1人で赤くなって

ドキドキして眠れなかった。

 

 

 

出会って次の日に彼から電話があった。

 

次の週末、食事でもしよう、と。

勿論、返事はYES。

 

 

次の週末が待ち遠しくてたまらなかった。

 

今までは時間が早く流れていた気がしたのに

彼に会える週末は、うんと先のような気がしたし

時間の流れもとても遅く感じた。

 

そして、やっと待ちに待った週末。

 

海の見えるレストランへ行った。

 

 

今まで色々な男とデートしたし、

デートした男の名前も覚えてなかったりするけど

緊張はしなかった。

 

 

でも、彼を目の前にするととても緊張してしまう自分がいた。

初デート、何を話したのか全く覚えていない。

 

 

覚えてるのは、食べたシュリンプが美味しかった事くらい。

 

 

それと、帰り際にキスをしたのだけど

その時、顔がカーーーーーっと赤く染まってしまい

それを彼に気が付かれた事。

 

 

誰かとキスをして顔が染まることも

こんな緊張も初めてで自分が自分でない気がした。

 

 

ただただ、純粋に好きだった。

駆け引きも何もなしで。

 

 

会えない日は、心が痛かったし

頭の中は彼の事で毎日毎日一杯だった。

 

 

常に彼の事を考えていて、考えるだけで

胸が苦しくて切なくなった。

 

 

付き合って半年くらい経った頃だっただろうか。

正確にどれくらいで、って覚えてないけれど

 

彼の色々な面が見えてきた。

 

 

 

 

つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。