スパゲッティーで冷やし中華作ってみました!!! | グラナダ田舎暮らし

グラナダ田舎暮らし

スペインの南部の刺激的な街、グラナダで、日本語を教えたり、翻訳したり、民泊経営したりして、のんびり暮らしながら、いろんな国の人との交流を楽しんでいます。


テーマ:

朝、授業の合間に時間があったので、行き付けのカフェのテラスでコーヒータイムしてた。

そしたら、男の子が隣のテーブルに座って、コーヒーをウエイトレスの子にコーヒーを注文した。

「Me pones café solo?」

私は、コーヒーを飲み終わって、お金を払うとき、そのウエイトレスの子に、

「今来た男の子、Me ponesって言ったよね。」と言うと、それが何?っていうような返し。

「Me ponesって・・・」ともう一度言うと、わかったようで、

「誤解するよねぇ」と。

まあ、カフェやレストランで、多少間違っても、お客さんに対して、意味を悪くは取らないのかも知れない。 

っていうか、細かいところまで聞いてない。 何がほしいかわかれば問題ない。

中心街は、外国人多いからねぇ~。

でも、Me pones と Pon meはぜんぜん違う意味になる。

Corro と Me corroのように・・・。

 

仕事が終わって、お昼どうしようか考えながら、お散歩。

今日は、天気がいいけど、風があって涼しかった。

でも、食べたいものが見つからないので、家へ帰った。

 

スパゲッティーを重曹で茹でると、中華面になるという情報を目にして、一度試してみたいと思っていた。

でも、らーめんのスープを作るには、暑すぎるし、暑いもの食べたくない。

それじゃあ、冷たい冷やし中華に挑戦してみよう!

 

スペゲッティーを重曹入れて茹で、お湯を切るとき、中華麺の香りがした。

超期待!!!

ヽ(゜▽、゜)ノ

 

卵、ハム、キュウリの変わりにレタスをのっけ、海苔をてっぺんに。

醤油、ごま油、お酢でたれを作ってかけた。

 

麺の味は、中華そばに近い。

舌触りがスパゲッティーぽい。

でも、スペゲッティーだったと知らずに食べたら、新種の中華麺だと思うだろう。

 

今度は、太さの違うスパゲッティーで試してみよう。

kimi la vida en Granadaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス