羨ましいな夏休み | グラナダ田舎暮らし

グラナダ田舎暮らし

スペインの南部の刺激的な街、グラナダで、日本語を教えたり、翻訳したり、のんびり暮らしながら、いろんな国の人との交流を楽しんでいます。


テーマ:

去年まで教えていた生徒からメッセージが来た。

大学卒業して、仕事を始めてから忙しくなり、日本語の授業をやめた。

また始めたいというのだろうか!と期待してたら、

なんと、今東京にいると。

 

1年間お金貯めたんだろうなぁ。

 

2週間の日本旅行。

いいなぁ~。

 

羨ましいと思ったのは、浅草で日本酒飲みながら、刺身をつまんでいると、写真を送ってきた。

冷酒飲むとは!羨ましい。

 

本人は、刺身を食べていると行ってたが、これはたぶんちらし寿司では?

 

まあ、寿司飯の上にのっかっているのは刺身だが・・・。

 

 

日本酒飲みたいなぁ~。

 

 

 

7月は、仕事・・・。 

 

朝、また停電になった。

テレビ聞きながら掃除してたのだけど、いきなり静かになって見に行ったら、どこも電気がつかない。

ブレーカーも下りてない。

隣の建物見たら、電機が消えていた。

 

掃除もほぼ完了したので、買い物に出かけ、帰ってきたら、電気がつかえるようになってた。

けど!

パソコン電気入れたとたん、また消えた。

 

同じ区域のバルへ行ったら、

「今、コーヒーできないよ!」と言われた。

でも、すぐ電気がついた。

そこで、コーヒー頼んだら、

「やることあるから、5分待って」というので、

「5分後にまた消えるかもしれないから、今すぐ作って!」と私。

日本語のクラスの前に、一杯のコーヒーで心の準備を。

 

kimi la vida en Granadaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス