コルプスの〆!? | グラナダ田舎暮らし

グラナダ田舎暮らし

スペインの南部の刺激的な街、グラナダで、日本語を教えたり、翻訳したり、のんびり暮らしながら、いろんな国の人との交流を楽しんでいます。


テーマ:

日曜日の朝、電球が切れたので、新しいのを買いに外へでたら、音楽が聞こえてきた。

やってきたのは、コルプスのプロセシオーン

音楽隊と30人くらいの人だけの小さなプロセシオーンだった。

こんなのあったんだ。 知らなかった。 

まあ、プロセシオーンってしょっちゅうあるから、音楽が聞こえてもあまり気にしなくなった。

カンポ・デ・プリンシペのキリストさんのところへ行くのだろうか?

 

 

 

土曜日の夜に、花火の打ち上げの音が聞こえた。

フェリアの最終イベント?!

仕事に疲れて、家でのんびり映画見てたので、うるさい!としか思わなかった。

 

 

 

 

今年は、通りに飾られていたコルプスの飾りを見て回らなかったなぁ。たまに面白いものあるのだけど。

今年は、二つだけ、通りがかりに見かけた。

カテドラルの横にあったもの↓

 

グランビアにあったもの↓

 

 

夏休み休暇とるために、もうちょっと仕事がんばろう!

 

 

 

kimi la vida en Granadaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス