グラナダのコルプスのフェリアと言えば! | グラナダ田舎暮らし

グラナダ田舎暮らし

スペインの南部の刺激的な街、グラナダで、日本語を教えたり、翻訳したり、のんびり暮らしながら、いろんな国の人との交流を楽しんでいます。


テーマ:

フェリアが先週末から始まって、地元新聞には毎日フェリアの写真と記事が載っている。

今は、グラナダではコルプスのフェリアが一大ニュース。

フェリアの大会場へは、ちょっと遠いのとそれほど興味もないので行かない。

闘牛も、昔は一度行きたいと思ってたけど、興味もなくなってきた。

私が一番興味があるのは、ビブランビアの風刺絵を見に行くこと。

この一年、グラナダでの出来事がわかる。

一位をとった風刺画がこれ↓

たまに道端にレンラルの自転車が放置されているのを見かけるけど。

石畳の細い道を登ったり降りたりしたら壊れやすいだろうなぁ。

私の自転車も修理をしょっちゅうしなきゃいけない。

 

 

そして、グラナダ人の悲しいニュース。 悲しいけど、もうハラハラする必要がなくなった。

 

 

グラナダ銀行の看板がかわったのは気づいてたけど、使ってないから関係ないなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば、今年春のボテジョンやったのかなぁ~?

 

 

 

見て回っているときに、おばさんが、一つ一つ見ながら、全部ゲラゲラ笑っていた。

そんなに面白いとは思わないけど。 ハハッとか二ヤリくらいならわかるけど。

 

 

kimi la vida en Granadaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス