グラナダ田舎暮らし

スペインの南部の刺激的な街、グラナダで、日本語を教えたり、翻訳したり、民泊経営したりして、のんびり暮らしながら、いろんな国の人との交流を楽しんでいます。


テーマ:
撮影協力をしてもらった会員制フラメンコバル、プラテリア。
日曜日は、超忙しいだろうと思い、月曜日に行ったら、定休日だった。
それで、火曜日の授業のあと立ち寄った。

店に入る前に、バックの中のDVDを確認していたら、観光客のカップルがパティオに入って来て、
「Esta abierto?(開いてる?)]と聞いてきた。
電気もついているし、中に人もいるから、開いてると言ったら、カップルは中に入っていった。
私も、続いて入っていくと、カップルは、また同じことを店の人に聞いてから、フラメンコは何時からかと聞いた。
フラメンコショーは、木曜日だけだと、店の人が言うと、がっくりして去り際に、私に、
「It's not open」と、
レストランは開いているぞ!!?

どこで、プラテリアの情報を得たのだろうか?
フラメンコショーは木曜日だけだという情報は見なかったのだろうか?



バルには、フラメンコの会長補佐の人と、バルの料理人の二人しかいなかった。
火曜日、フラメンコもないし、まだ夜は寒いから、あまり誰も来ない。

パティオからのアルハンブラの景色はとっても素敵。



とっても良くしてくれたウエイターのおじさんはいなかった。
そのおじさんに、お礼とともに、DVDを渡したかったのだけど、しかたなく会長補佐の人に渡した。




会員制のフラメンコバルということで、撮影協力をとるのは、大変だぞと周りから言われていた。でも、いろんなところでフラメンコを見て、ここが一番私が好きなフラメンコが見れる。
演者がまじめに、かつ楽しんでパフォーマンスを行う。

一番初めに、バルを訪ねたら、バル的にはOKがでた。
でも、フラメンコの会長にフラメンコショーの撮影の許可を取らなければならないということで、次の週の水曜日に会長に会いに行った。
会長を紹介されて、話をすると、会長はOKだが、アーティストに許可を取らなければならないと。
撮影の日は、ハイメという歌い手が出演し、彼に聞いてみてから、明日電話すると言われた。

次の日も、その次の日も電話は来ない。

電話してもでない。

・・・とってもグラナダっぽい。予定は、いつも未定。

バルまで出向いて行って、ウエイターのおじさんに、事の次第を話した。
ちょうど、連休だったので、会長も、会長補佐の人もみんなどっかに行っているのだろう。
ということで、ハイメさんの電話番号を教えてくれた。

電話して、はじめは出なかったけど、少ししてから、彼から電話がかかってきた。

次の日に会って話を聞きたい。と彼がいうので、次の日にバルで会う約束をした。

日曜日、約束の時間1時にバルへ行ったが、待てども来ない。
バルの近所に住んでいるらしいのだが・・・。

電話したら、電話に出て、来れないと。

じゃあ、いつ合えるのかと、いろいろ話していると、

それを聞いていたウエイターのおじさんが、電話をかわれという合図を私にしたので、私の携帯を渡すと、
彼女は何度も来て、筋を通してちゃんと撮影しようとしていて、会長もみんなOKしているんだから、グダグダ言わずにOKしろ!
と一喝してくれてOKが取れた。



撮影当日、私たちのテーブルの隣にグループが食事する予約がされていた。
そのグループが来たとき、その中に見たことのある顔が・・・。
アメリカの大学からきた語学留学生のサポートをしているマリアさんで、私の家の隣に彼女の事務所がある。
話を聞くと、ちょうど語学コースが終了し、帰国する人が何人かいるので、その送別会だそうだ。送別会で、グラナダ料理を食べて、フラメンコ見て。アメリカ人生徒たちにとって、とってもいい思い出ができたと思う。


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ フラメンコへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kimi la vida en Granadaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。