新たなストライキの兆し!失業保険改革 | 南西フランス田舎暮らし

新たなストライキの兆し!失業保険改革

フランスは北アルプスのスキーリゾートが、2月15日土曜日に予定されている失業保険改革に抗議する、従業員のストライキによって休場を迫られている事態。

 

 

CGTを代表する労働組合は、4月1日から施行される失業保険改革により、季節労働者の失業手当が削減されることを非難。改革は、85万人の季節労働者に影響を及ぼすと推測。

 

CGTは季節労働者の失業手当が50~75%削減されると警告し、労働者によっては「季節外手当」を受給できない人も出てくる可能性を指摘。

 

折しも2月は、スキーリゾートの繁忙期。学校の冬休みが始まり、家族連れで賑わう季節。CGTはゾーンBの冬休みが始まる2月15日土曜日に、サヴォワのスキーリゾートを封鎖するストライキを予定。

 

2020年の冬休み(Vacances d'hiver)

 

 

オレンジ色:ゾーンA(2月22日~3月8日)

青色:ゾーンB(2月15日~3月1日)

緑色:ゾーンC(2月8日~2月23日)

 

・・・・・

 

これは、すごい意地悪!スキー旅行を楽しみにしているご家族の方々を、悲しみに陥れるストライキ。。。

 

 

 

ランキングに参加中。よろしくお願いします!

 


海外ランキング

 

ペリゴール地方・中世の町巡り~お問い合わせは、フェイスブックで!