NLPの前提【1】 地図は領土ではない。 | 魂のよろこびを生きる

テーマ:

人それぞれ・・・

なんていう表現がありますが


NLPでは、そのことを

私たちは、それぞれ
様々なオリジナルな地図を持って
日々暮らしていると考えます。

私たちは
五感を通して世界(現実)を知覚
しますが

まず、その五感の使い方にも
それぞれの特徴があり

次に、知覚した情報や出来事(現実)を

それぞれの地図
 (信念や価値観、生きてゆく中で身につけた
  出来事(現実)に対して意味づけを行う
  解釈のモデルなど)

に照らし合わせて
自分自身のストーリーとして
受け取っています。

出来事(現実)は一つでも
そこに関わる人の数だけ
そこには、ストーリーがあります。

同じ出来事(現実)であっても
まったく異なった意味をもつ
ストーリーとして語られる。
日常生活でもよく、ありますよね。


このことを

NLPでは


地図は領土ではない!


と表現しています。




NLPの前提【その1】 地図は領土ではない!  

覚えておいてくださいね☆


<関連記事>

NLPで出来ること

NLPとは

どんな風に自分の秘密がわかっちゃうかというと・・・


【NLPの前提】まとめ


やはぎのりこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります