2010-06-14 09:02:57

わたし祈ってます♪

テーマ:就活塾

採用活動の中で楽しくないことと言えば選考の不合格通知を送ることです。学生さんにとっても、不合格通知を受け取ることはもっとも嫌な部類のことではないでしょうか。



「○○様のこれからのご活躍を心よりお祈り申し上げます」



メールの場合こういった言葉を書いたりしますが、学生さん達に聞くと「祈られた(*^_^*)」とか「お祈りメールが来たよ・・・」とかやはり評判が悪いです。「祈るんだったら採用しろよ!」とまでは言いませんが。。。



でもね





学生さんたちには言っておきたいのです。



本気で祈っている経営者がいるということを。



なかには極めて事務的に処理している人事担当者もいることでしょう。「お互い駆け引き、化かしあいですよ」という経営者もいることも知っています。



でも「人の一生を左右しかねないからね」「この子の素晴らしさはわかるんだけど、うちでは活躍の場が提供できない」というようなことを言いながら本当に志望してくださった学生さんの今後を祈っている経営者もいるんです。



是非分かってほしい。





またそういう思いで人を採用しようとしている会社でないと結果的に存在価値がなくなっていってしまします。なぜなら会社は一人ではなすことのできない志の実現のために人が集う組織だからです。



「何を甘いことをいってるんだ!経営とはもっと厳しいものなんだ」という残念な発想の経営者様。



その発想が「厳しい」現実を引き寄せていることを知って頂きたいですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-03-11 11:52:28

就活の原点!

テーマ:就活塾
何度も言っているのですが、改めて強調しておきたいと思います。

「就活の目標は内定ではない。幸せな社会人こそが目標である」

当たり前すぎることですが、つい忘れます。





「それくらいわかってるよ。でも現実はそうはいかない。。。」

という学生さんがかなりいらっしゃいます。


現実っていったいなんなんだ??

さまざまなメディアから入ってくるマイナス情報が現実???
友達の噂話が現実??
目の前の企業さんが現実???


断言しておきます。

あなたが思い描くことこそが現実なのです。

あなたが
「こんな不景気だから内定獲得は大変だ」と思えばそれが現実。
「それでもどこか内定を獲らなければえらいことになる」と思えばそれが現実。


先日個別カウンセリングをしたある学生さんが言いました。

「僕はやりたい仕事をして、ある程度収入があって、幸せな家庭を
築くというのは誰でもできると思っていたんです」

はい、誰でもできますが・・・・

「でも、それは一部の限られた企業に就職できた人だけのことで
僕には無理だとわかったんです」


????

そう信じてたらそうなるよ。本当に。

わたしは一部の限られた企業に就職しなかったけど、やりたい仕事を
して、ある程度収入があって、幸せな家庭を築いてるんですが。。。

原点に帰ろう。

私のモチベーションの師匠吉村巧先生の言葉を送ります。


「人間は見たものを信じると思ってるやろ。違います。人間は信じたものを見る!」
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2009-11-04 17:13:57

考幸塾でやること 4 幸せになるために生きる

テーマ:就活塾

何の為に生きるのか?


何の為に生まれてきたのか?


意味があるのか?意味などないのか?


こういうある意味哲学的な問いかけを思春期以降だれもが一度はするのだと

思います。


でも案外「自分の答え」にたどり着く前になんとなくこれまでの環境やいわゆる

常識(これも環境しだいですが)に左右されて深く考えないまま大人になって

しまうということが多いのでしょう。


なんせ学生時代までは一応正解っぽいレールがひかれているように見えるの

ですから。


だからこそ考えたことがある人もない人も就活という絶好の機会に一度立ち止まって

考えて欲しいのです。



あなたは何の為に生きていますか?



わたしの答えは「幸せを実感するため」でした。

これって多くの方がそうなのではないかなと思います。


もしそうなら、一度「自分の幸せ」というものが何なのかしっかりと追求してみて欲しいの

です。



私が主宰する就活支援セミナーでも「自分の幸せ」を徹底して考えてもらいます。

だから「考幸塾」、幸せを考える塾なのです。


欲しいものでもしたいことでもなんでもどんどん書き出す。この思いを書き出すワーク

は多くのセミナーでやっていますね。とても効果的な手法です。


わたしの場合は自分の幸せをとことん考えたときに「誰かに必要とされる」というのが

根本だと思いました。


A.マズローの言う承認欲求ってやつですね。


それを実感したときに「働く」って「自分に役割が与えられ、何かすることがあって

認められること」だなって、働くって幸せの条件を思いっきり満たしているなって

思ったんです。


だから「働きたい!」


「働かなければならない」ではなく「働くと幸せだから働きたい!」んです。


きれいごと???


ではありません。


真実ですよ。きっと。



就活支援の考幸塾

http://lifedesign.or.jp/koukou/index.htm

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。