「大人の姿」について | 美しく快適な環境づくりを通して人々の生きがいの創造に貢献します
2018-05-29 18:07:50

「大人の姿」について

テーマ:日常

モリだのカケだの、言った・言わないだの。。。下らねぇ~。野党の議論は小学生の口喧嘩に相当する。それでいて自民党の支持率が上がってしまっては「おまえ馬鹿だろう」の世界です。隣国北の動きが活発化しております。まぁ~テーブルについたとしても、議論は物別れ。美国は協議に参加したとの大義名分が得られるだけです。行く末はその後。。。。美国から何らかの攻撃を加えることは難しいかと。隣国北が経済制裁だけで白旗を上げる感じでも無いし。微妙かな~。

大学授業料無償化の議論が進んでおります。ちょいと不思議に思うのは、私大・専門大、その他もろもろ「こんな専門学校?必要?」を含めて、進学する事に何らかの意義が有るのでしょうか?そりゃ~ずば抜けて成績優秀、家庭の経済状況で進学を断念!であれば、何らかの手を差し伸べて~となりますが。ちょいと問題をはき違えているような「違和感」を感じています。

 

 

 

 

渋谷駅:宮益坂方面下車:明治通りを原宿に向かい(旧宮益公園):ビジネスホテル建設現場の仮囲いです。渋谷方面から歩きますと。。。。これ物語になっておりまして至極秀逸です。良く見るとプリントではなく「手書き」。渋谷を歩きなれておりますと「この風景はあそこか~」となります。渋谷にお越しの際はご覧あれ。。。。。。。。。

(綺麗な作品も平気で汚す馬鹿がいる。。。。)

 

お題目。以前書いたかな?職人の矜持と言ったものが御座いまして。「道具と弁当は手前持ち」とか「汚れた作業服ではお店に入らない」とか「昼飯は車の中」とか「職場を汚さない」とか「常に清潔である」とか。これらを守っている職人を、今はほとんど見る事が出来なくなりました。私の幼少の頃は、建築に従事する「職人」がとても「勇ましく」また「大人の姿」として、憧れの対象でもありました。某作家さんが、20年位前のエッセーで「最近の大人は実年齢より10歳は若く見える。行動も精神も」と書かれておりました。なるほど。。。見渡してみればその通り「ちょい悪オヤジ(死語)」などとの独自路線で「恥」を曝す輩の多い事。「セクハラ」とか「不倫」とかもその類でしょう。さて、戯言を吐く私と言えば「男として生きていくのであれば、格好付けてなんぼ」と考えております。それは「生き方」や「判断」や「精神」としてです。。。。。K・I

※近日中にブログタワーを刷新いたします。。。。。写真アップします。

 

東京・渋谷 設計事務所 吉田正志建築設計室

土地活用コンサルティング【ライフクレア】将来を考えてた最適な土地活用
最適な土地活用のご相談は・・・土地活用相談センター
老人ホーム・介護施設の土地活用相談は・・・介護施設相談センター

 

 

 

 

吉田正志建築設計室(旧こぼら)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス