「一期一会」を英語では? | インバウンド&接客英語のあれこれ ㈱ライフブリッジ

インバウンド&接客英語のあれこれ ㈱ライフブリッジ

インバウンドについて、接客英語について、弊社イベントについてなどを記事にしていきます!

こんにちは!

ライフブリッジの堀岡です。

 

「一期一会」

人生の中で一度限りの機会、出会い

 

この言葉を私に思い出させたのは、

先週末に起こった地震雷のあとのこと。

 

東京では震度4と被害はなかったものの、

その報道に接し、心配して海外から1通のメールが届きました メール

 

差出人は、今から7年も前に、

私がAirbnbを自宅でやっていたときに泊まりに来てくれた

サウジアラビア人のゲストです。

 

彼は、6歳のときにドラえもんを見てから、

「日本に来ることが自分の夢だった!」と語ってくれた青年でした。

 

 

Airbnbで我が家に泊まりに来てくれた、

100人ほどの海外からのゲストたち。

 

帰国時は、

I hope to see you again! 「またいつかね!」 ウインク

と言い合って、いつも笑顔で別れました。

 

ほとんどの人とは、おそらくそのときの出会いが

「一期一会」になるはずだろうと、お互いに理解しながらも…

 

Once in a lifetime encounter

(一生に一度だけの出会い)

 

それでも、サウジアラビアの青年のように、

日本の心配なニュースに接してくれたとき、

日本を思い出してくれ、メールを送ってくれる。

 

たとえ一生に一度の出会いであっても、

その出会い1つひとつが意味のあるもの……

 

人とのつながりの大切さをより感じる

今の時期だからこそ、思い出したい言葉であるように感じますハート