四万十川で潜入調査?! | インバウンド&接客英語のあれこれ ㈱ライフブリッジ

インバウンド&接客英語のあれこれ ㈱ライフブリッジ

インバウンドについて、接客英語について、弊社イベントについてなどを記事にしていきます!


テーマ:

こんにちは、今年度のインバウンド事業で、7月から毎月高知に足を運んでいる櫻井です。

 

先週訪れたのは高知県西部を流れる "四万十川"

 

観光事業者を対象としたインバウンド接客対応に関する覆面調査を、

高知在住の外国人と共に行ってきました。
 

調査を手伝ってくれた外国人はもちろん、

僕自身もアジアから来た外国人のふりして終始英語で喋る(笑) 爆  笑

今回はカヌー体験プログラムと、レンタサイクル事業者などを訪問。

 

 

『そもそもレンタサイクル屋だと外観からわからない』

『カヌー体験中に簡単な英語で良いので説明が欲しい』

 

など課題も沢山……

 

その一方で、嬉しかったのは比較的フレンドリーな方が多かったこと。

 

そして、今回の調査を通じてあらためて実感したのは、

もっとも必要なのは語学力ではなく

 

『伝えようとする気持ち』 なんだということ。

 

英語が上手く言えなくても、表情とジェスチャーでしっかり伝わっていました。

さすが『最後の清流』と言われている四万十川。

底まで透き通っていて流れがとても緩やか。

カヌーを漕いでいると気持ち良すぎて眠りに落ちそうになりますぐぅぐぅぐぅぐぅぐぅぐぅ

また、この地域は僕が大好きな『栗』で有名なのですが、

道の駅になんと栗専門のカフェを発見!!

 

甘すぎない、でもとても濃厚な四万十、

そして愛媛産の栗を使った二種類のモンブランを味わうことができました。

美味しゅうございました。

 

㈱ライフブリッジさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス