英語の上達には他言語と同時学習が効果アリ!?(その2) | インバウンド&接客英語のあれこれ ㈱ライフブリッジ

インバウンド&接客英語のあれこれ ㈱ライフブリッジ

インバウンドについて、接客英語について、弊社イベントについてなどを記事にしていきます!


テーマ:

こんにちは。櫻井です。

今日は前回の続き「ヨーロッパ言語にある多くの共通点」について、少しお話しをしたいと思います。

例えば、英語で「組織」を意味する“Organization”。

ドイツ語では“Organisation”、スペイン語では“Organización”、イタリア語では“Organizazzione”など、とても良く似ていて、この傾向は単語が長くなればなるほど顕著です。

これがヨーロッパの人々にマルチリンガルが多い理由の一つです。

 

故、日本語ができると文法がそっくりな韓国語や、漢字を使う中国語の習得が比較的容易になります。

同様に、旧ローマ帝国であったフランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、ルーマニアなどに代表される「ロマンス諸語」は1言語覚えると、2言語目の習得が驚くほど簡単です。

翻訳アプリが便利な世の中になりましたが、興味があれば是非第2、第3カ国語にトライしてみてください。

生の言葉で会話するコミュニケーションはより楽しいですよ!

㈱ライフブリッジさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス