四万十市でのインバウンド研修 | インバウンド&接客英語のあれこれ ㈱ライフブリッジ

インバウンド&接客英語のあれこれ ㈱ライフブリッジ

インバウンドについて、接客英語について、弊社イベントについてなどを記事にしていきます!


テーマ:

こんにちは、櫻井です。

 

先週に引き続き、再び高知県にてインバウンド研修に行ってまいりました。

 

 

四万十市が会場だった今回の研修は二部構成。

インバウンド基礎を学んだ後、宿泊施設や案内所など、業種に分かれての接客英語研修を行いました。

 

高知県は国外からの直行便が多く飛んでいる香川県や愛媛県に比較すると外国人観光客がまだまだ少ないのが現状。

ただ、国内でも珍しい大型客船が寄港できる港があるため、クルーズ船が頻繁に来ており、その経済効果は凄まじいそうです。

 

参加者の皆さんに教えてもらったこの地域でのイチオシグルメは四万十川で捕れた鰻!!

 

 

関西風の鰻は今回が初挑戦。関東風とは全く違うパリパリの食感の虜に。。。

 

そして鰻以上にお薦めされたのが、高知名物のカツオ!!

 

 

ただ、ここ四万十では『中村の塩たたき』(市町村合併前、四万十市は中村市と呼ばれていた)といって、塩ダレで頂きます。

 

その美味しさは『美味しんぼ』の87巻にも取り上げられ、一躍有名になったといいます。

 

 

僕らが訪れた『厨房わかまつ』では、日本酒がほんのり香る独特の塩ダレと和えたカツオのたたきを頂きましたが、ずっと口の中に入れていたくなるくらいの美味しさでした。

 

 

㈱ライフブリッジさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス