子育て層の住まいについての3つの問題提起~子育て層の住まいと暮らしを考える タイアップ事業報告会 | インテリアを整える ~女性のための自分らしいライフスタイルのヒント

インテリアを整える ~女性のための自分らしいライフスタイルのヒント

「家は、世界でいちばん大事な場所」 家具、照明、カーテン、雑貨などインテリアを上手にコーディネートすると、誰でも自分らしい住まいを手に入れることができます。インテリアに役立つヒントを基本から応用までお伝えします。


テーマ:


1.安全性を問い直す

 

子どもが健やかに育っていくためには、大事なことなのだけど、
実際には、怒られたり、けがをしたりした体験を通して学んでいくものだ。危険であってはならないけれど、むやみに安全すぎるのもどうかと思うという問題提起でした。

 

高田先生は建築がご専門で、大学でも模型を作ったりすることがあるそうですが、実際にカッターを上手に使えない学生もいるとのことでした。

 

住環境という観点からいけば、指つめや転落事故など、本当に危険なことはあってはならないです。また、集合住宅の共用部の安全性や子どもたちを見守ることができる工夫など、考えるべき点は多々あると思いました。

 


2.外遊びの重要性

東日本大震災を受けて、外遊びが減っている地域で研究を続けていらっしゃる方の報告書より、外遊びが減ることにより、運動能力の低下、ストレスの増加、免疫力の低下、室内事故の増加、肥満児の増加などが見られるとのことでした。

 

<参考事例>
風の谷幼稚園

スガモフラット


3.子ども部屋は必要か?

子ども部屋の形態は、専用、共用、コーナー、スペースなしといった形に分類されると思います。

 

  • 勉強部屋としての子ども部屋
  • 自立支援空間としての子ども部屋

どのような目的で使うのかを考えることが大事だとのことでした。

 

 


まとめ
安全な住まい、子育てしやすい、子どもが健やかに育つといったことは、

空間と空間の関係性が大切。

 

  • 部屋と部屋の関係性
  • 外と内の関係性
  • 他者、家族、社会との関係性

 

 

 

<関連記事>

少子化の実態を統計データから見る ~子育て層の住まいと暮らしを考える タイアップ事業報告会より

 

 

 

 


「家は、世界でいちばん大事な場所」
自分らしい住まいのためのサポートするインテリアコンサルティングを提供
ライフスタイリスト・フォトスタイリスト
土谷尚子(つちやなおこ)

 

 

 

 

■自宅で開催している講座のご案内■

【スマートフォンで撮影するインテリアと雑貨の写真1day実践講座】

【インテリア写真の撮り方セミナー(全3回)】

「壁紙アートパネル」ワークショップ

 

 

くらしやインテリア、ワーキングマザーに役立つ情報などを、毎日の暮らしを少しでも楽しめたらという思いで書いています。お越しくださるみなさまの毎日に、お役に立てますように~♪

プロフィール | 理念、ビジョン、行動指針2018 | 私の好きなもの&人生に影響を与えたもの100選 | ごあいさつのカテゴリー には、お仕事のことなども書いております。

 

曜日別ブログ記事  

月~金曜日:インテリアに関するお役立ち記事
土曜日:ワーキングマザーやインテリアのお仕事をしている人に ~土曜日はちょっと役立つワークスタイル記事
日曜日:ごくプライベート&日記的な記事 ~日曜日は土谷尚子のライフスタイル記事

 

 

 


ナイフとフォークアメブロいいねが押せない方は、にほんブログ村画像のクリックで、いいねが付きますナイフとフォーク

にほんブログ村

 

 

インテリアとフォトスタイリング:ライフスタイリスト土谷尚子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント