本のご紹介:「働き方の教科書」by 新将命 | ごく普通の日本人が出逢った外資系企業の世界

ごく普通の日本人が出逢った外資系企業の世界

外資系の世界・ビジネスの世界で感じたことを書き溜めています。
ただいま2回目のシンガポール生活を家族4人で満喫中!!書籍も好評発売中!!


テーマ:

著者の新さんは、シェル石油で勤務された後、日本コカ・コーラ、ジョンソン・アンド・ジョンソン、フィリップスなど、グローバル・エクセレント・カンパニーでリーダーとして活躍された方です。
この本の副題には「伝説の外資トップが説く」と付いていますが、それだけ数多くの外資系企業の社長・副社長として多くの実績を残してこられました。

この本を読んで感銘を受けた一番大きな理由は、この本が机上の理論ではなく、実際の現場の経験から得られた、他では得難いエッセンスの塊のように思えたからです。

・Old(年をとる)のではなく、Mature(成熟する)になれ。
・効果を上げる為に効率を高める。
・楽観主義は意思の産物である。

これらは、どこか他の本でも読んだことのある台詞かもしれません。
しかしこれらが、自らの具体的な経験を通じて、「生きた言葉」と「情熱」を持って書かれると、これほど心に響くものかと驚きます。

答えの無いもの、答えが簡単に出ないものに真正面から取り組み、何十年も試行錯誤を続けた末に残ったいくつかの真理が詰まった本だと思います。折に触れて読み返したい、お薦めの一冊です!

追記:
とても心に響く内容だったので、生まれて初めて、著者の方に感想を添えたメールを送らせていただきました。新さんには快く対応いただき、私の本に対するフィードバックもいただきました。この貴重な経験と縁に感謝したいと思います。

伝説の外資トップが説く 働き方の教科書



ゆう @ 外資系企業さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス