気になる記事を放置していたあせる

ASCO-GI2018がアツイ↓

https://ameblo.jp/lieber11/entry-12348458218.html

と書いておきながらね汗

再発難治性大腸がん患者に対するスチバーガ(レゴラフェニブ)

副作用がキツイのでは・・・

と前評判が一人歩きしてる

それは治療レジメンとしても後(3次治療)になるので

抗がん剤を継続して体力が低下している人も多く

より評価が厳しくなってるみたいダウン

 

 

 

 

しかし、今回のASCO-GI2018では

40mg/日の低用量より開始することで投与継続率が増加

という嬉しい発表がアップ

患者実態にあった使用方法になるのかなラブラブ

最適用量を検証した第II相

オープンラベルのReDOS試験(NCT02368886)の結果が

ポスターセッションで出たそうでそうだ!

スチバーガ(レゴラフェニブ)は

転移のある難治性大腸癌に対して有効な

経口マルチキナーゼ阻害薬

手足症候群や倦怠感、高血圧などの副作用で

継続出来ない人も・・・

そこで計画されたのがこの試験

スチバーガ(レゴラフェニブ)の用量を検討するランダム化フェーズ2試験

結論は・・・

用量を段階的に増量する群(A群)と

初回から標準用量(160mg/日)を投与する群(B群)で

2サイクルの治療を完遂して3サイクル目の治療を開始する患者割合は

A群は43%UPB群は24%

グレード3/4の有害事象についても

A群のほうが良好キラキラ

手足症候群はA群14.8% B群16.1%

高血圧がそれぞれ7.4%、14.5%

倦怠感13.0%、17.7%

 

 

 

 

 

 

QOLもA群のほうが良好な傾向があり

特に投与開始2週目でB群はQOL低下が見られたが

A群ではほぼ維持された音符

        ↓

レゴラフェニブを80mg/日から160mg/日に毎週増量する投与法は

初回用量160mg/日の投与法よりも優れていたハート

https://oncolo.jp/news/180221y01

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/search/cancer/news/201801/554538.html


 

 

 

なお、この試験では手足症候群の予防治療に

クロベタゾールという軟膏の効果も見てマス

今回はまだ検証中で結果は未発表

 

しかし、ここまでの結果で

以下のようなコメントが述べられ

治療が変わる可能性が大みたいLOVE

”スチバーガを80mg/日より開始し徐々に通常用量である160mg/日に増量する投与方法は、スチバーガの通常の投与方法よりも安全性、有効性ともに優れていることが証明されました。本試験の結果は新しい投与方法を確立することになるでしょう。”

 

 

 

 

少しでも仲間の皆様の

明日からの治療が楽になりますようにキラキラ

 

{2269D29C-BB4C-4327-A2DB-73FB417E8191}

 

 

 

 

ちょっと難しいけど試験の背景詳細は↓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

試験では標準的な治療を受けて進行した大腸癌患者を対象

に用量を段階的に増量する群(A群)

初回から標準用量(160mg/日)を投与する群(B群)を比較

レゴラフェニブは28日を1サイクルとして、21日間投与

A群はレゴラフェニブの初回用量は80mg/日とし

重度の薬剤関連毒性がない場合は毎週40mg/日ずつ

160mg/日まで増量

 

またA群、B群とも

手足症候群の予防のため

ステロイド薬クロベタゾールを投与する群(A2群、B2群)も設けた

患者はA1群、A2群、B1群、B2群に1:1:1:1の割合で割り付けられた


主要評価項目は

治療を2サイクル完了して3サイクル目を開始した患者の割合

副次評価項目は

全生存期間(OS)、無増悪生存期間(PFS)、無増悪期間(TTP)

2015年6月から2017年6月までに

123人がランダム化され

主要評価項目の評価は116人を対象に行われた(A群54人、B群62人)

患者背景は2群でバランスがとれており

全体の年齢中央値は61歳(29-81歳)

男性が61%、女性が39%

ECOG PS 0/1がそれぞれ37%、63%

KRAS変異型が47%、野生型が44%、不明が9%

結果

主要評価項目に到達し

3サイクル目を開始した患者割合が

A群は43%、B群は24%

(Fisherの正確検定、片側p=0.0281)

 

全生存期間(OS)はA群のほうが良好

OS中央値がA群は9.0カ月、B群は5.9カ月

ハザード比0.65、ログランク検定p=0.0943

 

無増悪生存期間(PFS)

中央値はA群2.5カ月、B群は2.0 カ月

ハザード比0.89、ログランク検定p=0.5534

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

明日が不安な時は

友達に会いに行こパンダ

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ

 


 

 

 

※自然の恵みで作っていますgreen heart

今後ともよろしくお願い申し上げますハート

 

新製品↓

髪が細く、ボリュームが出ない

前髪や頭頂、ツムジが薄い悩みに

抗がん剤投与中は,血行促進は避けた方が良いので

刺激の強いものは入れずサッパリした使用感

成分はこちら↓

https://ameblo.jp/lieber11/entry-12336044495.html

 

 

メラニンを排出して、お肌を明るく

より高保湿を求める方に

プロテオグリカンだけでは無く

林檎果実などの食べられる保湿成分を配合

 

 

初めての方へ、商品の説明はこちらです↓

 

http://ameblo.jp/lieber11/entry-12266151643.html

http://ameblo.jp/lieber11/entry-12266605216.html

http://ameblo.jp/lieber11/entry-12266714470.html

http://ameblo.jp/lieber11/entry-12275397694.html

 

お手入れのヒント↓

https://ameblo.jp/lieber11/entry-12326389358.html

 

 

楽天でも取り扱い開始しました↓