今回の旅の目的はmiyukiちゃんに

ただ「逢う」だけではなく

出ているお薬で、もっと快適に

気持ちが上向きになるお手伝い

応援団としては、笑顔を取り戻して欲しくてパンダ

 

 

 

 

それなのに、月曜時点で土曜の薬が受け取れて無いぱんだ

土曜にご主人と近隣の調剤薬局を回り

どこも在庫の薬が無く汗

月曜に用意すると言われたのに

朝電話で、「金曜になります・・」ってパンダ

私との約束優先で来てもらってごめんよ~

 

 

 

 

もちろん、調剤薬局も大小さまざま

発売されているすべての薬を揃えるのは不可能

そんな事はわかっています怒

しかし、調剤薬局には処方箋の応需義務があり

適切な対応が求められます指

................................................

「調剤に従事する薬剤師は、調剤の求めがあつた場合には、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。」by薬剤師法 第21条 
とされていますが

「情報の提供又は指導ができないとき、その他同項に規定する薬剤の適正な使用を確保することができないと認められるときは、当該薬剤を販売し、又は授与してはならない。」

by改正薬事法(2014年6月12日)第9条の3第3項
................................................

ということなので

特にがん患者の場合には、抗がん剤や麻薬

一般薬局では難しいものが当然ある

ならば、どうするかはてなマーク

どこの調剤薬局ならばお薬をいただけるのか

それを情報提供するのが医療職というプロのはず!!

 

 

 

 

熱血看護師金魚、食事中もちょっとプリプリ

そもそも、最近の行政の方向は

かかりつけ薬局への移行が方針
薬局の取り扱い分野が限られてくる施策なわけで

その専門以外の処方であれば別の病院

ひいては別の門前薬局を利用となる

皮膚科や、眼科の門前薬局は関連の薬剤中心になるが

本来ならかかりつけ薬局は広く多種多様な薬に対応してくれる

ただ、経口の抗がん剤や麻薬系の鎮痛剤は

専門知識が必要な事もあり

大きな総合病院の門前薬局が確実

ここをなぜ情報提供出来ないのパンダ

 

 

 


そこで、美味しいお食事の後はお薬ゲットのために

まずは件の調剤薬局から処方箋を回収

実際、大都市なんだから調剤薬局は山ほどある

地元薬剤師会に登録している保険薬局が約859軒

彼女の住んでる区だけで53軒!?

がん患者も診療する総合病院で一番近い所を確認し

その区へ走る前に車

ヨヤクスリ(楽天のサービス)とEPARKくすりの窓口をチェック

以前、カード対応薬局を探すのに記事にしたけど↓

https://ameblo.jp/lieber11/entry-12250499238.html

処方箋を写メで送って調剤なので薬が無い場合

電話が来るし、調剤時間を予約してから行くと時間短縮

ただし、大病院の門前薬局は5軒くらいあり

どれが良いか迷うので、まずは麻薬系鎮痛剤をおいてるか電話確認

それから薬局の待合室で、ずっとおしゃべりしながら待ち

無事にお薬をゲットハート

次回からは、このアプリで調剤依頼はすいすいUP↑☆

 

 

 

 

そもそも論ですが、最初の薬局はお話になりませんえ

一部は在庫ありだが足りないや、全く無いは想定の範囲内

その時には通常以下のような対応がある

チューリップ1近隣薬局から借りる、もしくは分譲し提供

チューリップ2患者さんに薬局へ再来局してもらう

 この場合はチェーン店内で調達か卸に依頼

チューリップ3患者さん宅へ郵送

チューリップ4患者さん宅へお届け

チューリップ5在庫のある調剤薬局を紹介

このどれも出来ないのは非常に困る注意

ましてや、麻薬系の痛み止めをどんな患者さんが使ってるか

想像もできないなら医療職として失格パンダ

こういう対応を平気でするのは薬剤師が不足していたり

無資格事務員で補充している可能性がある薬局じゃないか

関東・関西・中部にチェーン展開しているのに...

ここの調剤薬局の名前は忘れないと思うたらーん4

 

 

 


患者さんが処方箋をもらう病院や科によって薬局を変えるか

もしくは薬局を一本化するかは自由だけど

選ばれる調剤薬局の情報が市民に伝わってるか疑問(Θ_Θ)
しかも、期限が切れたら効力を失いタダの紙である処方箋

今回は期限も翌火曜だったあせる
処方箋の期限延長は疑義照会してもらえば出来るけど

医療のプロの目指すべき包括的なケアからは

ほど遠い対応に愕然とするwhat!

でも、さすが大都市~

パソコンで調べたら、24時間開局薬局がこんなにあった↓

http://www.kyotofuyaku.or.jp/wp-content/uploads/2017/07/24H20170720.pdf

ちなみに、あなたの地域のも調べられる↓

http://www.nichiyaku.or.jp/kakaritsuke/index.html

今はかかりつけ薬剤師制度や健康サポート薬局もあるアップ

 

 

by 日本薬剤師会

 

 

平成28年4月より「かかりつけ薬剤師」制度が出来て

薬剤師訪問サービスなどがあり在宅医療に移行しても利用可能キラキラ
ただお薬を届けるだけでなく

お薬の管理方法を一緒に考えてくれたり

飲み忘れ防止対策も手伝ってもらえるgreen heart

 

 

by 一般社団法人京都府薬剤師会

 

 

「かかりつけ薬剤師・薬局」の基本的な機能を備えた上で

地域住民の健康づくりを積極的に支援するための機能を備えた薬局は

「健康サポート薬局」という四葉
処方せんによる調剤だけでなく

市販薬(要指導医薬品・一般用医薬品)や

健康食品などに関する助言や健康相談

専門職への紹介などを通して

地域住民の主体的な健康の維持・増進を支援してくれるアゲ

この制度、体調が悪くて今回みたいにお薬で困った時

まさに使いたい制度じゃない!?

抗がん剤や麻薬を使うサバイバー仲間には

調剤薬局の利用テクを知るのは大事だなハート3

 

 

 

 

麻薬って痛い時に飲むというよりも

痛くならないように血中濃度を上げておく必要があり

その濃度になる量や飲み方を決めるまで

コツが難しい・・・つい我慢してしまったり

飲んで良いか不安になったり

miyukiちゃんはようやく軌道にのった感じOK

 

いつも遠くから心配しているけど

今回は、一緒に薬局を探して

ご縁で地元の薬剤師さんとつながれ

これからの治療も、もっと安心して出来そうな予感パンダ

大事なお友達が安心して療養出来たら嬉しいな音符

 

 

 

 

 

 

 

 

明日が不安な時は

友達に会いに行こパンダ

にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

※自然の恵みで作っていますgreen heart

化粧品の定期購入5%OFF始めました♪

ペリーラをご愛用して下さっている皆様へ

今後ともよろしくお願いいたしますパンダ

 

ペリーラは6本の箱が少々お得ですハート3

初めての方へ、商品の説明はこちらです↓

 

http://ameblo.jp/lieber11/entry-12266151643.html

http://ameblo.jp/lieber11/entry-12266605216.html

http://ameblo.jp/lieber11/entry-12266714470.html

http://ameblo.jp/lieber11/entry-12275397694.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

コメント(8)