8月末に


京都アスニーにて、

多くの幼稚園、保育園さんに

保育士を派遣されている


ベルサンテスタッフ株式会社さん主催の

研修講師を務めさせて頂きました 



↑事前にこのようなチラシを配布して下さいました☆


今回の研修の目的は、


派遣されている保育士さんの

「教養や知識、スキルのアップ! 」



正直、それを聞いてびっくりしました。

失礼ながら、保育士を派遣されるだけの業務だと勝手に認識していたのですが、、、

全く違う 


「派遣したスタッフのみなさんが、

さらに派遣先の幼稚園・保育園の力になれるように

さらに想いをもって子どもたちに関われるように

さらに他の先生方と協力しあって、生き生きと保育がでいるように


したいんです!!!!」


今回お世話になった担当の野間さんは、そう熱くお話されていました。


そして、

当日はご参加下さった先生方は、

休日にも関わらず、

自主的に
学びに来てくださった方ばかり 


プレッシャーもありましたが、

なんとかその想いに応えたい 

という一心で今回の研修に臨みました。



↑アイスブレーキングの様子


まずは、ご参加下さった方の感想をご覧下さい。


1、「運動」についての考え方が変わったこれまでは、物事を「できる」・「できない」で判断していたがこれからは視点をかえて対応していこうと感じた。

 
2、大人も子どもも楽しめる内容だった。褒め方が上手なコーチで、褒め方も具体的にすることが大事ということを勉強できた。


3、プログラムについてのみではないアプローチの仕方を聞けて、運動についての概念が変わった。


4. 全体的に楽しかった。何より「教える側もしっかり楽しまないと子ども達にもそれは伝わらない」という事を感じで、楽しむ事の大事さを認識できた。



↑クジラゲームを体験中♪



お子さんを連れてのご参加もあり、会場は和やかな雰囲気に包まれてていました。

今回の研修を通じて

正規職員として働いておられる方、

または派遣されての常勤職員、臨時職員

さらには我々のような外部指導の講師

と、

さまざまな立場はありますが


いかなる立場でも、

子どもたちにどれほど熱い想いで

関われるか、

向き合えるか


が大切であることを改めて実感しました。


我々にとっても、良い学びの場となりました。

ありがとうございました。


↑最後は理論で締めくくり☆


ちなみに、ご参加いただいた保育士の中に

大学時代のキッズサッカーで教えていた子どものお母さんがおられました!

しかも、アフロコーチという名前を憶えて下さっていました!

嬉しかったです


そして最後になりましたが、

本研修に講師として推薦していただきました、雅也先生!!ありがとうございました!!!