先週土曜日、

滋賀県のひなぎくこども園さんにて、

保育士の方21名を対象に

運動あそび研修会をさせていただきました。




まずは、参加者のご感想をご覧ください!


久々に思いきり笑った気がしました。身体をいっぱい動かし、すっきり感もあって楽しかったです。特に、”果物拾い”のプログラム、タルからボールがとび出してくるのは大人でも面白かったです。」(保育士)


↑↑↑
果物拾いのプログラム


「自分が実際にやってみて、自然と笑顔になりました。子どもたちもきっと、自然に友達と関わり笑顔いっぱい楽しむだろうなと思いました。」
(保育士M・Kさん)


「とても新鮮でした。以前、勤めていた園の講師はとても厳しく、子ども達を叱っておられましたが、子どもが心から楽しんでできる仕掛けがあれば、叱ることもないと思いました。ありがとうございました。」(保育士O・Mさん)



他にもたくさんの有難いご感想をいただきました


今回の研修では

幼児期に大切な運動の「基盤」づくり
・子どもたちが楽しみを感じる「仕掛け」づくり

に焦点を当て、研修を進めました


子どもたちに、「また運動したいなぁ~」と心から思ってもらえるよう

自分が必死になって生み出した仕掛けを、そして思いを、

保育士の方々にしっかりと伝えられたと感じています。



そして研修後、

園長先生とのお話の中で

運動に限らず、保育のヒントがいっぱいあったよ

とお褒めの言葉も頂きました

(※ちなみに、園長先生は講義、実技とすべてのプログラムに参加してくださいました!!園長先生のその姿から、学ぶべきことは本当に多かったです

また、

今は事務室におられる先生にも、

今日の研修受けて、また保育に戻りたくなったわぁ~

とも言ってもらえました。


何気ないその一言が、僕にとっては本当に嬉しい言葉でした


普段の保育でお忙しい中、わざわざ研修に参加して頂いた先生方、本当にありがとうございました