歌は感情の受け皿

テーマ:
昨日、今日とT1projectの歌唱指導だったのですが、両日とも八代亜紀さんの話になりました。

まずはこちらをワンフレーズだけでもいいので聴いてみてください。




以前に、とある番組で「歌に感情をこめてはいけません。感情の受け皿になるのです」という話を八代亜紀さんがされていました。


僕も同じように歌というものを捉えていたので、大いに共感したのを覚えています。





そんな訳で、もう一度。
今度は「感情を込めていない」ことに着目して聴いてみてください。



とても素敵な歌唱。
でも感情は特別入れていないのです。
(その証拠に息が一切乱れていません)
ただ作品をとても大事に扱っていて、音程も言葉もとても丁寧に客席に伝えているのがわかります。


だからこそお客さんが八代亜紀さんの歌をしっかりと受け取って、そこで一人一人の中にある感情を湧き上がらせているのだと思います。