混声合唱団樹「如月コン」

テーマ:
混声合唱団樹による
「如月コンパ・コンサート」が開催されました。

いわゆる「コンサート」ではなく、合唱を通して楽しい時間をたくさんの方と過ごしたい、というコンセプトのもと、工夫をこらしたイベントが催せたと思います。





公開リハーサルを行ったり、
合唱団創設者の作曲家:喜納政一郎先生にお越しいただき、先生の作品を指揮していただいたり、
混声合唱団樹のレパートリーを演奏したりしました。


また、ボイストレーナーとしてお越しいただいている先生方に「みんなで歌おう」コーナーでご案内役をお願いいたしました。
本当に無理をお願いして、独唱披露も!


ソプラノ歌手、船津里子先生



「ペチカ」「宵待草」を歌ってくださいました。



ソプラノ歌手:後藤美奈子先生



「荒城の月」「初恋」を歌ってくださいました。

お二人の先生方、ありがとうございました。こんな方々にボイトレ指導をしていただけている贅沢を改めて感じました。




それで、これは僕も歌わないと…ということで「出船」と「赤とんぼ」を歌いました。











「みんなで歌おう」のコーナーでは、昭和歌謡などを全員で楽しく歌いました。皆さん、大きな声で歌ってくださって感激!


休憩中には会場にご用意したお菓子や飲み物を、みんなでつまみながら歓談。皆さん近況など(主に健康の話)を語り合っていました。



再び「樹」の演奏。唱歌メドレーと昭和歌謡メドレー。お客様も一緒に口づさんでいました。

最後は「合唱体験コーナー」。
簡単な曲を全員で音とりから始めて、形になるまで。発声のアドバイスなどもしました。時間もあまりなかったので、サラリと完成させておしまい。






こうして、3時間にも及ぶ「如月コン」が終了。
堅苦しくなく、和気あいあいと楽しい時を過ごすことができました。


…そして、肝心の合唱団の集合写真を撮り忘れるという…orz
AD
ついに今日から
ミュージカル「素敵な世界」
の稽古が始まりました。


なんと、稽古初日から稽古場に本番の舞台装置を組む、というスゴいことをしてくれちゃっています。


さすがに稽古場に入ってくる出演者の皆さん、驚いている様子でした。







緻密に、緻密に作っていく作業を繰り返し、まるで映画をワンシーンずつ撮っていくような感じなのですが、緊張感もあり、とてもいい雰囲気でした。



僕は今日は音楽スタッフとして、キャストの皆さんのサポートでしたが、咲山類さん、tekkanさん、橘佳奈さん、常川藍里さん、皆さんホントに、ホントに美声!…大事なことなのでもう一度書きます、ホンーーートに美声!!!

とにかく声を聴いているだけでも心地よくて、演技力も抜群。これは、本当に「素敵な」舞台になる…。



1ヶ月後の公演、ぜひとも皆さん、チケットをご確保していただいた上で、楽しみに待っていてくださいね。

チケット申し込みフォーム(コリッチ:古澤扱い)

3/29~4/2
本多劇場
S席:7,000円/A席:6,000円/B席:5,500円

【残席状況】
3/29(水)夜 S席完売、B席残り4
3/30(木)夜 S席残り1
3/31(金)
4/1(土)昼・夜 S席完売
4/2(日)昼 S席、A席完売

AD
TDS15周年コンサートでご一緒した…

コニタン(小西のりゆき)さん
ムーチョ(武藤寛)さん

お二人がご出演の音楽劇「君よ生きて」を観劇しました。


本当に素晴らしい舞台でした。
んー、どう表現したらいいのか、わからないほど…
とにかく泣きました!
泣きまくりました。



終戦後のシベリア抑留の悲劇を舞台に、「命のバトン」そして「生きることの尊さ」をテーマにした作品。


その史実に基づく悲劇もさることながら、そこに生きる人たちの「生」への対峙が実に真っ直ぐに描かれていて、なんの躊躇もなく私たちに突きつけてくるような切れ味がある舞台でした。


特にムーチョさん演じる日高隊長の、静かな中にある熱くもあり、温かくもある「熱」が、強く強く胸に吹き込んできて、涙が止まりませんでした。
ムーチョさん、凄かったなぁ。とても自然に淡々と演じてくるのだけど、役の「人格」として迫ってくるような強い存在感が舞台を覆っていました。




コニタンさんは言わずもがな、1曲目の第一声から僕の涙腺は崩壊してしまったのですが、何をしていても「愛」に溢れてる。自然なんです、ほんとに。そこに「居る」のが楽しくて仕方ないように見えて、こちらまで幸せな気持ちになってしまうのです。





キャラカルメンバーも集結!



TDS15周年コンサートメンバーも。

with コニタン



with ムーチョさん


大学同期の長谷川大祐(R.S.T.C.代表)ともバッタリ




出演者パネル





本当にいい舞台でした。
明日から僕はミュージカル「素敵な世界」の稽古に入ります。その前にこんな理想的な舞台を観ることができて良かった。
がんばります!!




おまけ


AD

キャラカル新着動画

テーマ:
早朝から電車に乗り込み、某所へ。
WISH-Caravan Quartet(キャラカル)
とあるイベントのリハーサルでした。



今回も難曲の数々。
苦労しながらも1つずつ積み上げていく作業は楽しくて…ハモった時の「ワァオ!」感は相変わらずです。


早速、さわりだけ動画にしてみました。



まだまだ全然、未完成(笑)
これがどこまで熟成するのか、どうぞお楽しみに。




※イベントの詳細については来月頭には発表できると思います。



午後は池袋でレッスンをして、



夜は熊谷ベーレンタール男声合唱団の指導。
「最上川舟唄」と「斎太郎節」を練習中。
今は荒削りな歌い方を目指していますが、以前には出せなかった力強い表現もだいぶ出来るようになってきました。

がんばれー!

青年座研究 & MFSキックオフ

テーマ:
朝は劇団青年座、研究所実習科の入所試験。
講師として審査をさせていただきました。

内容についてはここには書くことはできませんが…

若者たちの「人生の挑戦」に立ち合うのは、
非常に責任のあることだし、
その上で自分の意志をきちんと持って挑むことが大切だな、と改めて感じた時間でした。

こちらが揺らいだら、彼らに失礼だし、
それだけのものを背負って審査をするということは、常に「信念」として持っていたいと思います。
「人生」を預かる訳ですから…。



午後は池袋で生徒さんたちの個人レッスンをし…



夜は丸の内フェスティバルシンガーズの結団式。
毎年ゴールデンウィークに、
東京国際フォーラムなど丸の内近郊で行われる
「ラフォルジュルネ・オ・ジャポン」に参加するために、一般公募で集められる合唱団
「丸の内フェスティバルシンガーズ(MFS)」

見学者も含めてのキックオフとして、結団式と体験練習を行いました。

30分ほどの練習後は、懇親会。
指導陣も4人揃いました。


手前から、僕(合唱指導・出演)、田中維子さん(演出)、岸本祐有乃さん(指揮者)、浪川佳代さん(合唱指導・出演)


本年は5月4日(祝)東京国際フォーラム他
オペレッタ「こうもり」ハイライトを
公演します。

参加者募集中!
募集要項